camp2016_kyoto01
【実施概要】

  • 日程:2016年8月15日(月)~8月18日(木) 3泊4日
  • 会場:京都市野外活動施設 花背山の家
  • 参加対象:国内在住の中学2年生~高校3年生および年齢該当者で、異文化交流に興味と意欲を持ち、集団生活に心身ともに適応できる方(国籍は問わない)
  • 参加費:25,000円

今年は、留学生、日本人中高生のあらゆる視点(angle)から物事を捉えること、またその視点に立って何かに挑戦(try)するということ、その環境作りをするスタッフの3点から三角形(triangle)を文字った”tryangle”をコンセプトに掲げ、様々な見方や価値観に触れ、何事にも挑戦してみようということを目標にしました。

camp2016_kyoto02

中高生の子供達にとって、3泊4日初対面の人同士での生活はとても有意義なものになったようでした。
まずは、知らない国から来た留学生を通して、その国の文化や言葉に身近に触れることができ、興味を持ってくれたことです。同時に他府県からの参加者が多く、年齢もばらつきがあったため地域や地方での文化のちがいも留学生にとっては刺激になっていました。
さらに、留学に興味を持ち後日連絡をしてきた参加者がいました。これはAFSとしての、中高生の留学推進を助長できた意味のあるキャンプだったように感じます。

camp2016_kyoto03

今回のキャンプに初めて参加した日本人参加者もいましたが、数人は何度も参加している参加者でした。彼ら曰く「今年が最高だった」「今までに一番よいキャンプになった」とのこと。
留学生も初日は物静かな子も多かったですが、毎日のプログラムを通して参加者みんなと何かに取り組むことや達成感の喜びを味わうことで仲間との絆が生れました。
最終日の解散場所では別れを惜しみ、涙し包容する参加者ばかりで、その姿にスタッフも涙してしまいました。
ボランティアを通して、参加費以上の付加価値を提供することもできたと感じておりますし、何よりボランティアをしていた私達スタッフ一同、得るものが多いキャンプとなったようにも感じております。