ベルギーには北大西洋条約機構(NATO)の本部や欧州連合(EU)の主要機関の多くが置かれています。
フランス、オランダ、オーストリア、スペインの影響を受けたベルギーは、最先端と伝統を融合したユニークで独特な文化を持ちます。
ベルギーフランス語圏では、南部のワロン地域で1年を過ごすことになるでしょう。

ベルギーの高校生は週末、サッカーやサイクリングなどのスポーツをしたり、コンサートや映画にでかけたり、ボーイ(ガール)スカウトなどの活動に参加して過ごすのが一般的です。
社会生活の中心は家族と小さな友達グループが一般的です。

人々と地域社会

ベルギー人は穏やかで温かい心を持っています。
プライバシーを尊重し、安全で心地の良い生活が大切と考えています。
また、まじめで仕事熱心な人が多いでしょう。

ベルギー南部フランス語圏の郊外や田園地方へ配属されます。
公共交通機関は安全でよく整備されているため、町中を気軽にまわることができるでしょう。

rep20160928_belgium01

学校生活

AFS生の多くは大学を目指す一般コースの高校へ配属になります。職業コースへの配属もあります。
授業は通常8時から16時もしくは17時までで水曜日は午前のみです。
授業の程度は高く、まじめに勉強に取り組むことが求められます。
フラマン語、数学、歴史、地理、科学、宗教、道徳、体育などが主な教科です。

言語

この地方では主にフランス語が使われます。多くの人がフラマン語、ドイツ語を話すことができ、英語が堪能です。
プログラム開始前にフランス語の基礎知識が必要です。
語学研修の一環としてAFSはオンライン教材「ロゼッタストーン」のフランス語コースを提供し、プログラム開始前からプログラム中も語学を勉強できる環境を作ります。
また、プログラム開始後数週間は語学学校を探すサポートをします。現地の言語が理解できるまでは英語の知識が役に立つでしょう。

食生活

ベルギーといえばチョコレートとビールですが、それ以外にもワッフル (wafelen)、フライドポテト (pomme-frîtes)、ムール貝、そしてベルギーの郷土料理「カルボナード・フラマンド」(ビーフシチュー)に付け合わせのジャガイモやパンなどさまざまな料理があります。
ベルギー人はゆっくりと時間をかけて食事を楽しみます。ベルギーの料理をぜひ堪能してください。多くの家庭では共に食事(特に夕食)をとることを大切にしています。

ベルギー(フランス語圏) のプログラム