ドイツはその豊かな文化と歴史、祝祭、歴史的名所で有名な非常に魅力的な国です。さらに再生可能エネルギーの分野では世界の先端を走っています。
ドイツ北部には農業地帯、南部のアルプスの丘陵地帯が広がっています。
生活水準が高く、人々は真面目で、物事をきっちりこなし、時間に正確といわれます。
またドイツ人は議論好きで、街のあちこちで政治や文化、環境、そしてスポーツについて議論し合っている姿を目にすることができるでしょう。

ドイツの若者はとても活発なため、さまざまな活動が存在します。多くの選択肢から興味のあるものを選ぶことができるでしょう。
ドイツの高校生は平日は勉強、週末は地域の活動に参加したり、友達と出かけたり、スポーツをして楽しみます。
サッカー、ハイキング、サイクリングが人気のスポーツです。

rep140130_ger_miyatake0

ホストファミリーと地域社会

AFS生の多くは小さい町もしくは田園地方に配属されます。
ドイツ人は家族の生活をとても大切にしますが、自立心も必要とされます。自分自身のことに関しては責任を持って自分で行うことが求められるでしょう。
家事を分担で行うことが多いため、準備をしておきましょう。

学校

ギムナジウムと呼ばれる大学入学のための高校へ配属されることが多いです。
学校は7時30分もしくは8時30分に始まり、14時から16時頃に終わります。
授業は対話型で、生徒がお互いの考えを尊重しつつ、自分の考えを述べながら進んで行きます。積極的に質問をしたり意見を述べたりしましょう。

rep20151225_ger02

rep20140813_ger02

言語

公用語はドイツ語です。プログラム開始前にロゼッタストーンでドイツ語の勉強を始めてください。
配属先の地域によっては英語研修を受ける機会があります。

食生活

ドイツの食生活は地域によってさまざまで、とても豊かです。
一般的な食事は赤身肉、鶏肉を使った肉料理または魚料理にジャガイモやドイツの麺、お米、そして野菜が一緒にでてきます。
ドイツはさまざまな種類のパンがあることでも有名です。また
シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ(黒い森のケーキ)と呼ばれるケーキとコーヒーも有名です。
配属先の家庭で食事の前に
“Guten Appetit,(召し上がれ)”と言う言葉をよく耳にするかもしれません。
温かな食事は一般的には1日1回です。
食事の時間は決まっていて、家族全員が揃って食べます。

rep_germany_okuno130304_01

ドイツ のプログラム