イタリアの美しい芸術、音楽、料理そして建築物は、夕暮れの街を友達や家族と散策するのに最高の情景を作り出しています。
イタリアは深い歴史的背景と共に、ファッションや流行の面で、常にヨーロッパの国々を率いてきました。
素晴らしい家庭料理、ローマ時代の名残を残す街並み、雪をかぶったアルプスの山々、絵画のように美しく広がるアドリア海沿岸部、その全てがイタリア人の心豊かな国民性を作り上げています。

イタリアの高校生の多くはとても自立しており、自分の時間を大切にします。余暇はカフェでおしゃべりをしたり、街へ出かけたり、ダンスやスポーツなどをして過ごしています。
カルチョ(イタリアのサッカーリーグ)はしばしばイタリア人を熱くします。どのチームがワールドカップで何回勝利したかということで盛り上がります。
バスケットボールやサイクリング、スキーなども人気のスポーツです。その他にも様々なスポーツを楽しむことができるでしょう。

rep20140609_ita02

ホストファミリーと地域社会

AFS生はシシリア島やサルデニア島などを含むイタリア全域に配属される可能性があります。多くの場合、小さな町に配属されます。
イタリアの多くの家庭では(特に南部では)多世代が一つ屋根の下で一緒に生活します。
イタリア人にとって食事の時間は非常に大切で、週末や祝日には何時間もかけて食事をすることがあります

情熱的なイタリア人は会話においても情熱的で、ジェスチャーや顔の表情を使いながら、大きな声で話し合ったりすることもあります。

学校

月曜日から土曜日までの週6日制で授業は8時半から13時半までです。
学校生活に積極的に取り組むことでクラスメイトと仲良くなり、友達を作ることもできるでしょう。

rep130911_ita_hakozaki03

言語

イタリア語が公用語です。ただし、それぞれの地域には独特な言い回しや方言があります。
フランス語やドイツ語を話す人口も多く、またスロベニアとの国境近くのフリウリ地方ではイタリア語の方言であるフリウリ語を話す人々もいます。
イタリア語をより快適に学ぶために、イタリアでのプログラム開始前にロゼッタストーンコースを取ることをお薦めします。
またプログラム開始後はホストスクールがイタリア語や学校生活の面でサポートしてくれます。そして到着後しばらくの間(2~3か月)は地域のボランティアもイタリア語のレッスンをしてくれます。

食生活

イタリア人にとって食事は何よりの楽しみであり、昼食は家族や友人とともにとります。
料理はかなりの量です。強めのコーヒーやごちそうの数々に心の準備をしておきましょう!
パンやチーズはもちろん、ピザやパスタ、そしてシーフード料理や肉料理、新鮮な野菜、最後にデザートの数々…きっと今まで食べたことのないような美味しい料理に出会えるでしょう。
その濃厚さでお腹ががとても満たされ人々を満足させることから”pull me up”と呼ばれているティラミスや伝統的なデザートもぜひ堪能してください。

rep_italia_hakozaki130312_01

イタリア のプログラム