パラグアイは長い歴史とサッカーへの情熱、魅惑的な自然を有する国です。
先住民族のグアラニー族の文化と、植民地時代に持ち込まれたスペイン文化の融合が独特な文化を作り上げてきました。その歴史的背景から人々は温かく友好的で、訪れる人を歓迎する国民性です。
プログラムに参加するAFS生に、喜んで川沿いの首都アスンシオン、イエズス会伝道師の遺跡、さまざまな国立公園を紹介してくれるでしょう。

パラグアイの高校生は、週末友達と一緒にスポーツやピクニック、パーティーや映画へ出かけたり、公園で過ごたりします。ダンスはパラグアイの文化を語る上でとても重要です!
若者は非常に勉強熱心で、平日は主に宿題をして過ごします。

人々と地域社会

パラグアイ人の多くが「メスティーソ」と呼ばれるヨーロッパとラテンアメリカの先住民(インディオ)の混血で、スペイン語とグアラニー語の2か国語を話します。
パラグアイ人はとても陽気で人懐こく、ゆったりとのどかな暮らしをしています。
またパラグアイの人々は古くから伝わる芸術、工芸、音楽、ダンスの伝統を大切に守っています。
家族は生活の中心です。親は子どもを大切にし、特に女の子に対しては保守的です。
社会的な行事や、休暇、週末は家族で過ごします。
AFS生は都市部へのアクセスがしやすい小さな街に配属される傾向があります。

学校

ほとんどの場合、私立高校へ配属となります。ビジネス、管理会計学、社会科学、生物科学などの教科が中心です。平日の授業は3時までです。
公立高校は午前(7時から12時)と午後(13時半から18時半)の2部制です。
大半の学校で制服の着用が義務づけられています。

言語

パラグアイの公用語はスペイン語とグアラニー語で、ほぼ全てのパラグアイ人がどちらも理解します。
AFSパラグアイはプログラム開始前にオンライン語学教材「ロゼッタストーン」を提供します。
プログラム参加前にこのコースを修了することをお薦めします。

食生活

パラグアイは主産物である肉料理を中心に、トウモロコシ、米、ジャガイモ、小麦などを使った料理や果物がよく出されます。
伝統的な料理のひとつが、トウモロコシの粉に卵、牛乳、チーズ、タマネギで作ったコーンケーキ「ソパ・パラグアーシャ」です。
食事の時間(特に日曜日)は家族にとって大切なコミュニケーションの場です。

パラグアイ のプログラム