雪をかぶった美しいアルプスの山々、斜面に広がる牧草地に放牧された牛たち、クリスタルようにキラキラと輝く1500の湖…大自然に恵まれたスイスはとても魅力的な国です。

スイスの高校生達は、平日の放課後、宿題、スポーツ、音楽、課外活動をして過ごします。
週末はさまざまな種類のクラブに参加したり、村祭りや伝統行事、体操の試合などの地域活動に参加して過ごします。
また、友人や家族とスキーやハイキング、ダンスに出かけたり、カフェでお茶をしたりすることもあるでしょう。

人々と地域社会

AFS生の多くが郊外のドイツ語圏に配属されますが、都市部に配属される人もいれば、田園地方に配属される人もいます。
スイス人の多くが仕事熱心で倹約家です。
また、ペット(猫か犬)を飼っている家庭が多く、子どもは1家庭に1人か2人でしょう。
週末にはしばしば家族で遠くの親戚や友人を訪ねます。

rep131009_switzerland01

rep130717_switzerland01

学校

スイスの学校カリキュラムは厳しく、高校生は非常に勉強熱心で真面目です。
AFS生のほとんどが”Matura”とよばれる大学入学資格試験(卒業試験)のある大学入学のための進学校に配属されます。
授業は8時から始まり6時に終わります。水曜日のみ、お昼で授業が終わります。
母国語、外国語、数学、自然科学、人文科学、社会科学、美術または(もしくは)音楽などの7教科が必須科目です。

言語

story20170116-switzerland01
スイスではドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語の4つの言語が公用語として認められています。そのため、国際的な教育を受けるには理想の国といえるでしょう。
スイスで使われるドイツ語の方言(スイスドイツ語)は国内のドイツ語圏に住む人々が、フランス語は西部に住む人々が、イタリア語は南部に住む人々が話します。
第4の言語、ロマンシュ語は語源がラテン語で、その独特な言葉はそびえたつアルプス山脈に守られて独自の発展をとげながら現代に受け継がれている言語です。
どの言語の地域に配属されるにしてもプログラム開始前にある程度、言語の知識が必要とされます。配属される地域の言語(ドイツ語、フランス語)において”Common European  Framework of Reference for Languages”B1レベルの修了が望ましいです。
また、プログラム開始直後の数週間は言語集中コースに参加できます。
プログラム開始前にAFSよりオンライン語学教材「ロゼッタストーン」を提供します。

食生活

スイスではヘルシーな食事が好まれます。
スイス料理とは主にフランス料理とドイツ料理をミックスしたアルペン料理のことをいいます。
スイスで最も有名な料理の一つがフォンデュです。エメンタールチーズとグルュイエールチーズを溶かした中に白ワインを入れ、そこに四角く切ったパンをつけて食べます。
また、細切りのジャガイモをフライパンでカリカリになるまでこんがり焼いた”Rosti(ロスティ)”と呼ばれる料理はスイス-ドイツの国民食とも言われています。
そして世界的に有名なスイスチョコレートは人々にとても愛されています。

スイス のプログラム