アメリカは移住者による多民族国家で、音楽、食、スポーツなどにおいても多種多様な文化が存在します。また、その広大な国土では、あらゆる種類の気候、風景、地形を発見できるでしょう。
スポーツやニュースは常に話題の中心です。文化や習慣は地域、人種、宗教によってさまざまです。そのため、アメリカの魅力を一言で伝えるのはなかなか難しいかもしれません。

アメリカの高校生にとって学校は生活の中心ですが、学校以外にも住んでいる地域や宗教団体が、演劇クラブやチェスクラブ、若者向けのボランティアなど様々な活動の場を提供していることもあります。
放課後はチームスポーツの練習が盛んです。フットボール、サッカー、バスケットボール、陸上、野球、水泳、バレーボール、チアリーディングは高校生スポーツの代表といえるでしょう。また高校対抗のスポーツゲームは若者からお年寄りまでを熱くさせる地域の一大行事です。
週末はパーティー、ショッピング、また友達や家族と一緒に過ごします。(良い大学に進学するために)学校の勉強に対しては真剣に取り組みますが、一方で、多くの家庭では勉強だけでなく高校生活も大いに楽しむべきと考えています。

人々の生活と地域社会

アメリカのあらゆる地域へ配属される可能性があります。AFS生の多くは校外もしくは小さな町へ配属されます。
「典型的なホストファミリー」という形はなく、アフリカ系、スペイン系、アジア系、ヨーロッパ系などホストファミリーのバックグラウンドも様々です。また、家庭におけるルールや役割分担、食事の時間なども家庭によって違います。配属された家庭のルールに従って生活しましょう。
アメリカの高校生が食事の準備やその他の家事を手伝うことは一般的です。
一日の食事の中でメインは夕食ですが、仕事や学校の都合上、家族別々に食べることもあります。またテイクアウトした食事を家で食べるということもよくあります。

rep130319_usa_inoue03

rep20160415_usa04

学校生活

学校によって手続きやスケジュール、必須科目が違います。
学年は8月または9月から5月または6月までで通常は2期制です。授業は8時から15時までです。
新しい学年が始まると高校生達はスクールアドバイザーと面談し、教科選択について相談します。
公立高校の多くは制服がありません。

言語

英語が公用語ですが、家族のバックグラウンドによってスペイン語やその他の言語を話します。
プログラム開始にあたって、ある程度英語の知識が必要です。

rep20150805_usa04

rep20150110_usa_nukaga03

食生活

ハンバーガーからバーベキューチキン、ピザ、パスタ、サラダ、お寿司…現代社会ではどんなものでも全てがアメリカの食生活といえるでしょう。
あらゆる種類のエスニック料理…メキシカン、イタリアン、中華、タイ料理、日本食、ギリシャ料理…そのほか思いつくもの全て!どんな小さな町でも見つけることができます。
しかし、アメリカと言えばホットドッグ、クラムチャウダー、アップルパイ、スイートポテト..これらアメリカ南部発祥のソウルフードは必食です!

アメリカ のプログラム