zadan_logo_latinamerica
2.中南米の食生活は?

1  2  3 4


-主食は何でしたか?

萌: コスタリカの主食は米と豆で、ハンバーグやサラダ、チーズなども食べます。米は一応炊飯器があって、油と塩と風味づけのパプリカを丸ごと入れて炊きます。日本のお米と違って、ぱらぱらしたお米で、おいしかったですよ。

美奈: お米は毎日?

萌: 毎日ですね。だからお米が恋しくなることはなかったです。あと日本と同じように、ときどきパスタを食べたりもします。

美奈: いいね、日本人過ごしやすそう。パラグアイの主食は肉ですね。肉のつけあわせで雑炊や野菜を食べるという感じですが、友達の家では野菜をあまり食べない家もあったようです。
本当に、日本人にとっての米が、パラグアイ人にとっての肉という感じで、豚も鳥も牛も食べるので「今日は何肉食べたい?」という聞かれ方をします。

萌: 何肉って(笑)

美奈: そこはレストランだったから特別だったのかも。でも肉を食べない日はないですね、断言できるぐらい。

zadan_latinamerica03
パラグアイのバーベキュー「アサード」

-フルーツも豊富だったんじゃないですか?

萌: 私の住んでいた地域は特に、フルーツが充実していたと思います。パパイヤ、ココナッツ、グアバ、ライチ、オレンジ、レモン…。庭に成っているものもあって、料理中にホストマザーから「モエ、レモンとってきて」って言われて採りに行くこともありました。

美奈: レモンのほかには?

萌:
 スターフルーツとか、マンゴーとか。マンゴーはアップルマンゴーの木と、小さいマンゴーの木があったので、学校から帰ってきたら落ちているマンゴーを探しにいって、1日に2~3個食べていました。

美奈: うわ~いいね~。パラグアイもマンゴー食べますが、買って食べるのが普通です。

萌:
 ホストファミリーに、日本では1000円ぐらいするんだよって言ったらびっくりしていましたよ。「日本に行こうかな」って冗談で言われたり(笑)。あとびっくりしたのは、熟していないマンゴーも食べるんですよね。レモンをかけて、サラダみたいな感覚で。

-おやつはどうでしょうか。

萌: エンパナーダとか、おいしかったですね。

美奈: うんうん!とうもろこしの粉をパンみたいにして、中に肉とかチーズとかハムとかを包んで揚げてあるんです。おいしいですけど、カロリーは考えたくない(笑)。

萌:
 でもダイエットするってあまり聞いたことがないね。若い子はみんなスタイルがいいんですよ。

美奈:
 パラグアイだと「どれだけ食べても、テレレを飲めば大丈夫!」って言われていました。消化を助けてくれる成分らしいです。飲み物はほぼ炭酸だけで「何飲む?」っていうのは、「炭酸の種類何飲む?」っていう意味で使われます。普通の水もありますけど。

萌:
 コスタリカはフレッシュジュースとかコーラが多かったですね。

次ページ 中南米で出会った人々  1  2  3 4


この記事のカテゴリー: インタビュー・座談会 コスタリカ パラグアイ