プログラム詳細

公益財団法人かめのり財団が主催し、AFS日本協会が実施する、中学生対象の奨学金プログラムです。

9回目となる本事業の派遣国は中国です。今回は募集地域を限定し、九州・沖縄地方ならびに山口県の在住の方からの応募を受け付けます。
※2017年度(9回目派遣)の中国へのプログラムの募集は終了しました。

同世代の参加生や現地の人たちと様々な形で交流し、異なる文化間でのコミュニケーションの重要性を学ぶと同時に、中国の歴史、社会、文化、教育、日本との関係などに対する理解を深めます。また、今回は「環境を考える」をテーマに、中国における環境問題について理解するセッション・地方へのフィールドトリップ、現地家庭へのホームステイ等を計画しています。


募集人数:
10名予定(ほか1名の引率あり)
対象:
福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県、山口県 在住の、中学1~3年生
参加費用:
無料
日程に係る国際航空運賃、行程中の宿泊、食事および視察・見学に係る経費を負担します。
期間:
2017年11月3日(金・祝)~4日(土) 出発前研修(1泊2日)/福岡市内ホテル
2017年11月4日(土)~11月12日(日) 現地研修(8泊9日)/中国
2018年1月12日(金)~14日(日)予定 事後研修・かめのりセッション/東京都内

▼中国 国別留学情報

応募と選考

応募書類をもとに書類審査を行い、書類審査通過者には面接審査を実施します。面接審査会場は福岡市内を予定しています。

【応募資格】

学校教育法に定める日本の中学校、中高一貫校の中等部もしくは中等教育学校の第1学年から第3学年に在籍し、次の項目をすべて満たしていること。

  • 以下の県に所在する中学校に在学していること。
       福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県、山口県
  • 中国に渡航可能な旅券を有するか取得予定であること。
  • 出発前研修(福岡)、中国でのプログラムの全行程および事後研修(かめのりセッション(東京))に全行程参加できること
  • 中国に在住経験がないこと、また中国在住の家族・親戚がいないこと。
  • 中国で実施された同様の研修プログラムの参加経験がないこと。
  • 心身ともに健康で中国での研修および生活に十分適応できること(参加生には健康診断書を提出していただきます)。
  • 研修プログラムの主旨を理解し、準備、参加できること。
  • 他国の文化を尊重し、現地の人々と積極的に交流する意欲があること。
  • 奨学生として、協調性のある行動ができること。
  • 在学校の学校長から推薦されること。
  • 現地の方とコミュニケーションをとるため、最低限のコミュニケーションがとれる英語力をもっていること。

【応募書類】

  1. 参加申込書
  2. 推薦書
  3. 作文(800字以内・手書き)

【応募締切】

2017年7月7日(金)必着
※このプログラムは申込先着順ではありません。また、選考手数料はかかりません

【応募書類送付先】

〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-22-14 ミツヤ虎ノ門ビル7階
公財)AFS日本協会「中学生交流プログラム」係

各種プログラム資料

各種のAFS留学プログラム(年間プログラム/短期プログラム)およびホストファミリーに関する詳しい資料が入手できます。
郵送でのご希望の方は資料請求を、PDFをご希望の方はダウンロードを選んでください。

資料のページへ

プログラムを選択する

  • アジア
  • オセアニア
  • ヨーロッパ
  • 中南米
  • 北米