最新ニュース

AFS活動レポート

  1. news20171201-fukuoka04

    「バッカーズ九州寺子屋」様との交流 (福岡支部)

    福岡支部ではこの秋より「バッカーズ九州寺子屋」様と交流をさせていただいています。
  2. news20171130-kanagawa03

    秋のつどい2017(神奈川支部)

    11月5日(日)に神奈川県内4支部の留学生13名、神奈川支部派遣内定生6名、フジサマーキャンプ2017参加者7名、ボランティアスタッフ17名、総勢43名で秋のつどい2017を臨港パーク(横浜市西区)にて開催しました。
  3. news20171124-yamaguchi03

    スピーチコンテストで留学生が受賞(山口支部)

    11月12日、山口市にて国連フェスタ2017のスピーチコンテストで、フィンランドからの留学生エレナが最優秀賞を獲得しました。 「それって文化の問題?」というスピーチ、エレナの深い洞察力に感心しました。

AFSからのお知らせ

  1. news20171207-03

    署名活動にご協力ください:アクラ宣言

    2017年10月、ガーナのアクラで開催されたAFS国際総会(AFSネットワーク会議)で、AFSの立場と役割を国際社会に示す「アクラ宣言」が発表され、同総会に出席した世界120のAFS代表者が署名を行いました。世界中のAFS関係者が「One AFS」となってこのメッセージを社会に発信していくために、賛同いただける方は、署名にご協力ください。
  2. <アメリカ>テキサスの銃乱射事件について

    11月6日未明に、アメリカ南部のテキサス州の協会で起きた銃乱射事件について、現在、該当地域にAFSプログラム参加生はおりませんが、ボランティアなど現地関係者は全員無事であることがAFSアメリカより確認・報告されていますので、お知らせいたします。
  3. 職員募集 国際交流・留学事業 契約職員(大阪)

    AFS大阪オフィスで国際交流・留学事業を担当する契約職員を募集します。AFSの海外パートナー国やホストファミリーへの対応、選考から留学中のサポートまで幅広い業務を担当していただきます。

留学体験談

年間留学体験談

  1. story20171207-australia04

    帰国生体験談 20年経っても変わらない絆

    昨年、私が留学をしてから20年の節目を迎えることができました。 20年の時を経て私の生活や、年齢は変わりましたが、2つほど変わらないもの、そして以前よりも強くなっているものがあります。
  2. story20171205-argentina02

    帰国生体験談 考え方や進路まで変えてくれた留学

    文化の違いに耐えきれなくなった時、ホストファザーがかけてくれた言葉のおかげで私は変わることが出来ました。「違いは受け入れなくてもいい、知るだけでいいんだよ。」
  3. story20171129-australia01

    帰国生体験談 98年度オーストラリア留学

    私の子供たちがもう少し大きくなったらオーストラリアに里帰りすると、ホストマザーと約束しています。子供たちにもいつか、こうした素晴らしい経験をしてもらいたいと思っています。

短期留学体験談

  1. story-sps-china-3-04

    短期留学体験談 中国の遼寧省、鞍山での3週間

    ここで学んだことは山ほどあります。中国の食事のマナーや現地の言葉の言い回しなど、毎日刺激を受けるばかりでした。3週間はとても短くあっという間に過ぎてしまいましたが、大好きなホストファミリーとイタリアとドイツの友人ができたのは絶対に消せない思い出です。
  2. story-sps-india-11-04

    短期留学体験談 もっとインドにいさせてください

    帰国前オリエンテーションで職員さんにもっとインドにいさせてくださいと全員で頼み込んだ。日本人一人で不安だったけれど、かけがえのない友達と新しい家族ができた。
  3. story-sps-usa-10-02

    短期留学体験談 初めての事をたくさん経験できた

    この夏私はやりたかったことを全部アメリカでできたなと思っています。英語漬けになって英語の習得をすることはもちろんですが、それより何より、初めての事、なかなかできないことをたくさんできたことが本当に良かったな、と思っています。

受入体験談

ホストファミリー&受入校の体験談

  1. story20170222-hostschool04

    ホストスクール体験談 ローカルとグローバルの境界線を越えて

    たった今、隠岐島前高校(以下、島前高校)に1年間留学していたマレーシア人のアフィーを見送った。離島に住まう者は別離に慣れている。慣れてはいるが、風に舞う紙テープを見て少しだけ視界が滲んだ。
  2. story20161214-hf01

    ホストファミリー体験談 ホストファミリーという経験

    2015年 縁あって、私たちはマレーシアからの留学生ジェイミーを受け入れることになりました。以前より国際交流には興味があり、イベント等には参加していましたが、HFはこれが初めての経験でした。
  3. story-hostfamily-asahikawa-matsuyama04

    ホストファミリー体験談 世界中に住む我が家の子ども達

    我が家には、“お父さん”、“お母さん” と呼んでくれる 子どもが11人います。実の子どもを二人育てましたが、またひと味違う楽しさを体験しています。

来日留学生の体験談

  1. story20170126-r-usa05

    来日留学生の体験談 合気道で学んだこと

    「とうとう見つけた!」家に帰って早速、日本のお母さんに合気道の事を伝えた。ジャーン!そして、今、僕は合気道を学んでいる。
  2. stu_story105_p01

    来日留学生の体験談 レンズくん(マレーシア)

    日本に到着は平成27年3月18日、私たちマレーシアからきたの留学生は13人です。みんなは羽田空港に到着のことすごくわくわくしている。 あの日からも100日越えた。
  3. stu_story104_02

    来日留学生の体験談 セリナさん(ドイツ)

    日本に来てから皆は私にいろいろな質問(しつもん)をしました。 いちばんおおい質問は“どうして日本をえらんだのですか? どうして日本に興味(きょうみ)をもったのですか?”

AFS体験 その後

再会・交流レポート

  1. report-sequel-15-01

    AUSセメスター生をホストファミリーが訪問(大分中部支部)

    Andras Kerekes(AUSセメスター生2016年9月~2017年2月)の住むメルボルンをホストファミリーだった荒木さんが訪問しました。
  2. story-sequel-14-04

    里帰りレポート 第二の故郷、インドへ

    今回インドに里帰りしたのは、「大学生になったら必ず里帰りする。」とホストファミリーと約束していたからです。AFSで短期留学をして以来、私はインドを第二の故郷だと思うようになりました。
  3. news20171012-bisan04

    シネイドの里帰り(尾三支部)

    「母さん、来週かえるよーっ!!」シネイドから来た突然のメール! まるで、近郊の街から帰ってくるようにシネイドは、オーストラリアから突然帰ってきました。

インタビュー・座談会

  1. intvw_unplan_profile

    帰国生インタビュー 福山大樹さん&デリス・グリーンさん

    スウェーデンに1年留学をしていたということもあり、海外の人と交流するのが好きで、バックパッカーとしても50か国くらい旅をしました。いつかは日本に来る外国人の人たちに同じように楽しい経験をしてほしい、という思いがずっとありました。
  2. zadan_latinamerica05

    座談会「中南米留学」 4.中南米ならではのこと・お勧めポイント

    -人気のあるイベントやアクティビティは何でしたか? 美奈: やっぱりサッカーですね。私がいた年は南アメリカのリーグ戦があったので試合が多くて、家族は顔にパラグアイの国旗を描いて、さらに国旗を持って応援していました。
  3. zadan_latinamerica_photo02

    座談会「中南米留学」 3.中南米で出会った人々

    -他の国から来たAFS生と集まる機会はありました? 萌: はい、到着してすぐに1回、滞在中に2回、帰国前に1回オリエンテーションがありました。