2014年11月21日(金)、宮城支部のダニー(オーストラリア)、ヌヌ(インドネシア)、ヤニス(ドイツ)の3人が宮城県仙台市立七郷小学校で国際理解教育に参加させていただきました。
とても元気がよく明るい2年生の子供たちと交流しました。

news20141121-miyagi01

初めに、3人は5クラス全員の前で自己紹介をしました。緊張する様子もなく、楽しく自己紹介ができていました。
子供たちはみんな、外国から来ている年の近い高校生のお兄さん、お姉さんに興味津々。
各クラスに移動する際にも、休み時間に遊ぶ約束や給食を一緒にというお誘いがありました。

news20141121-miyagi04
news20141121-miyagi03
news20141121-miyagi02

各クラスでは、詳しい自己紹介や、出身国について、母国語の簡単なあいさつ、子供のころの遊びの紹介などを行ないました。
子供たちからの質問もたくさん出て、今まで身近ではなかった海外の国々への興味がひろがっていくようでした。
授業の最後には、2年生全員で素敵な合奏と合唱を聞かせてくれました。

news20141121-miyagi05

休み時間には校庭に出て、3人それぞれ子供たちと鬼ごっこです。
子供たちのパワーに圧倒されて、くたくたになっていましたが、「疲れた・・・でも、かわいい」と、童心に戻って楽しんでくれたようです。

news20141121-miyagi06

お昼は、子供たちと一緒に給食をごちそうになりました。七郷小学校は自校で調理をしていますので、温かい出来立てのごはんをいただけるのです。

news20141121-miyagi07

半日ではありましたが、日本の小学校生活を体験し、留学生たちは自分の小学生時代を思い出し、興味深い比較ができたのではないかと思います。
留学生、子供たち、双方にとって異文化理解につながる有意義な時間になったことでしょう。


支部へのお問合せ

(公財)AFS日本協会 宮城支部
info-miyagi@afs.or.jp


この記事のカテゴリー: AFS活動レポート

この記事のタグ   : 宮城支部