去る4月29日、長野南信支部では、岡谷のイルフプラザにて留学説明会を開催致しました。
開催時間が迫るにつれ続々と説明会参加者の方々が受付に来て下さり、参加者総数はご家族や学校の先生・塾の先生も含めますと昨年の倍以上の50名程となり、近年のグローバル化に伴い高校生での交換留学への関心の高さが伺えました。

news20150511_naganonanshin01

『AFS留学説明会にようこそ』をスライドで説明の後、『留学経験を語る』では、ドイツ・オーストラリア・チェコの帰国生がそれぞれの体験を話してくれました。

news20150511_naganonanshin02
左:オーストラリア帰国生 右:チェコ帰国生

59期ドイツ派遣生が、素晴らしい体験記をパワーポイントを使いながら語ってくださいました。
観光ガイドブックに載っているドイツ紹介とは異なり、学校生活、家庭に入っての普段の生活、校外活動や同期の留学仲間との交流など、これから留学を考える人には具体的なイメージを持って頂けた、と思います。

また、60期オーストラリア派遣生は、この秋からオーストラリアへの大学進学を控えていることにも触れ、AFS交換留学帰国後の進路決定についても話して下さいました。
同60期チェコ派遣生も自身の留学での学校生活やホストファミリーとの休日の過ごし方、たくさんのチェコのイベントについてユーモアも交えながら語ってくださいました。
会場にも笑い声が聞こえ、とても和やかにそれでいて興味深い発表となりました。

news20150511_naganonanshin03
左:ドイツ、タイ生 右:ベルギー生

留学生にもそれぞれショートスピーチをお願いしました。
留学の後半期を過ごしている秋組ベルギー生の上手な日本語のスピーチもさることながら、来日1ヶ月の春組生がそれぞれ、覚えたての日本語で自分の国を紹介してくれた時は、参加者の方々が熱心に耳を傾けて下さっている様子がとても印象的でした。

会の後半は、会場の後方に、国別または体験別にミニブースを設けて興味のある国、体験について、フリートーキングを行いました。
どのブースも賑やかで、留学生たちも大活躍でした。

ご参加頂いた方からは、『体験談がすごくおもしろくて留学したくなりました。』『留学するだけでなくて、ホストファミリーになるのもいいなと思いました。』また、『帰国生の方や留学生にさまざまな質問が出来る機会があって良かった。』等々、その他沢山のご感想を頂きました。

news20150511_naganonanshin04

こうして長野南信支部 留学説明会は、大盛況のもと無事終了することが出来ました。
来る6月14日、岡谷のテクノプラザにて開催予定のA日程選考試験にも多くの参加者が申し込まれることを期待したいと思います。


支部へのお問合せ

(公財)AFS日本協会 長野南信支部
info-nanshin@afs.or.jp


この記事のカテゴリー: AFS活動レポート

この記事のタグ   : 長野南信支部