news20150626_orien01

6月13日(土)から15日(月)までの2泊3日間、大阪府羽衣青少年センターで第62期夏組出発前オリエンテーションを行いました。 このオリエンテーションは、留学を目前に控えた高校生たちが留学をより有意義なものに出来るように、ディスカッションやアクティビティを通して留学先での心構えや、第一回オリエンテーションから出発までに行ってきた準備の大切さを学ぶものです。

news20150626_orien02

派遣内定生の多くは第一回目のオリエンテーションでお互い顔見知りになっていたので、緊張しすぎることなく、リラックスした雰囲気で2泊3日を過ごしていました。2日目の夜に行った自身の想いを他の派遣内定生に語るアクティビティでは、留学への不安を抱えながらも困難に立ち向かっていく姿勢や、留学への強い思いを仲間達に打ち明けることで、第62期生としての繋がりが深くなり、各々の留学への決心が新たになっていくことを感じました。

news20150626_orien03

今回のオリエンテーションでは、『準備の大切さ』を伝えることをコンセプトに行っていきました。派遣内定生にもその想いが伝わったのか、オリエンテーションが終わる頃には、「出発までまだまだ頑張ろう」と決意してくれる子たちも多く、出発までの彼らの成長がとても楽しみに思えました。

news20150626_orien04

また、派遣内定生たちが自ら計画し、3日間お世話になった学生ボランティア達に感謝の手紙を渡すというサプライズも用意していました。『自ら進んで考え、行動する』という、留学にもっとも重要な要素を彼らが見せてくれたことが、オリエンテーション中、何よりも嬉しかったことでした。

news20150626_orien05

彼らの留学生活が幸多いものであることを、ボランティア一同心より願っております。

大阪会場 学生ボランティア

お問合せ

(公財)AFS日本協会 関西学生部
sv-kansai@afs.or.jp


この記事のカテゴリー: AFS活動レポート

この記事のタグ   : 関西学生部