札幌支部では1月24日(日)に2015年春組年間生の「お別れ会」を開催しました。

news20160203_sapporo01

今回帰国する留学生はデンマーク、ブラジル、オーストラリアの男女計3名ですが、滞在中の秋組生4名が上手になってきた日本語での司会や心のこもったお世話役を務めました。

離日が迫った一人ひとりが1年間お世話になったお礼のスピーチを、そしてホストファミリーやAFSボランティアスタッフなどから忘れがたいエピソードが紹介されると、感極まって大粒の涙を浮かべる留学生の姿がいじらしいほどでした。

news20160203_sapporo02

また、生徒の日々の生活を支え苦労のたえなかったホストファミリーですが、このお別れ会の開催を知った「ホクセイプロダクツ(株) 」(本社:富山県高岡市、北海道オフィス:石狩郡当別町、冨田昇太郎社長:AFS帰国生)からホストファミリー慰労の気持ちをこめて、出席の各家庭に同社のパッケージ資材による「JA北いしかり」農産物加工食品詰め合わせセットのプレゼントがありました。

news20160203_sapporo03

おいしそうなラーメンやうどん、黒豚カレーなどサプライズの品々に、若くて食欲旺盛な留学生は「まだまだ札幌にいたいで~す!」とそれぞれの“家族の絆”を感じていました。
なお、「AFS北海道」(札幌・旭川・帯広・北見の4支部)では同社から「どさんこ奨学金」にも大口の寄付金を寄せていただいていて、心から深く感謝しております。


支部へのお問合せ

公財)AFS日本協会 札幌支部
e-mail:y-masaki@afs.or.jp


この記事のカテゴリー: AFS活動レポート

この記事のタグ   : 札幌支部