3月26日(土)、AFS尾三支部に3名の年間留学生が到着しました。
ラスムス君(デンマーク)、テホ君(韓国)、そしてランス君(アメリカ)の3名です。それぞれ、尾道東高校、尾道高校、三原高校にお世話になります。

news20160329_bisan01
ラスムス君(デンマーク)

大阪でのオリエンテーションを受けてから新尾道駅に到着し、3人とも笑顔でこれから1年間お世話になるホストファミリーやAFSのボランティアスタッフと対面しました。

news20160329_bisan03
ランス君(アメリカ)

到着後、3人には簡単な自己紹介をしてもらいました。英語を交えながらも、できるところは日本語で頑張って話してくれました。

news20160329_bisan02
テホ君(韓国)

疲れてない?と留学生に聞いてみると、時差ぼけがありまだしんどいとのことですが、そんなことよりも、今はワクワクしている気持ちが勝ると言っていました。
これから1年、楽しいことや辛いこと、様々なことがあると思いますが、この初心を忘れずに、たくさんの思い出を作り、人生で最高の1年になることを願っています。そして、日本語学習も頑張って、一日でも早く日本の生活に慣れて欲しいものです。

news20160329_bisan04
未来の派遣生?

お迎えには帰国生も駆けつけて通訳の仕事をしてくれたり、ジュニアスタッフもメッセージカードや花束を渡す仕事をしてくれたりし、いろいろな意味でこれからが楽しみなスタートとなりました。

支部へのお問合せ

(公財)AFS日本協会 尾三支部
info-bisan@afs.or.jp


この記事のカテゴリー: AFS活動レポート

この記事のタグ   : 尾三支部