毎年北海道の各地で行われている北海道教育委員会主催の留学説明会が8月1日に室蘭で開催されました。

 

担当者から留学の諸制度に関する説明の後に、他団体で2週間の留学をして戻った札幌の高校生が体験報告を行いました。語学学校への留学のため、AFSとは違った経験ができたのではないかと思いました。

その後、団体がそれぞれの特徴を約20分間説明しました。
参加者はそう多くなかったのですが、それぞれの団体にテーブルがあてがわれ、個別の相談を最後に行いました。

news20160805_sapporo01

ある学校の先生からは「これだけの期間行けるのに、とても安いのですね」と言われました。留学が可能な国の多さにも驚いておられました。
来られなかった生徒さんのためにチラシを何部かお持ちいただきました。
これまでAFSのことはご存じなかったとのことでしたが、これをきっかけに、地方からの派遣生が増えるといいな、と思いました。

これから10月1日まで全道各地で同じような説明会が行われます。帯広、北見、旭川、函館周辺の生徒さん、保護者さん、学校関係者の方々にとっては、実際に会って疑問を解消するいい機会だと思います。
是非、足を運んでいただければ、と思います。

(文責:札幌支部 上島)


支部へのお問合せ

公財)AFS日本協会 札幌支部
e-mail:y-masaki@afs.or.jp


この記事のカテゴリー: AFS活動レポート

この記事のタグ   : 札幌支部