第12回「AFS友の会チャリティーコンサート」が台風一過の爽やかな天気となった8月31日(水)、杉並公会堂小ホールで開催され、ヴァイオリンの増田太郎さんとピアノの佐藤ひろのすけさんによる「ヴァイオリンで紡ぐ希望の音色―増田太郎♪心の握手♪コンサート」と題する、素晴らしいメッセージの籠った、感動的な演奏が繰り広げられました。

「AFS友の会」に寄せられた数多くの感想のお便りのひとつをここにご紹介し、レポートに代えさせていただきます。


news20160914_tomo01

TBSアナウンサーの秋沢淳子さん(AFS32期 85-86 ニュージーランド)の司会で、AFS友の会会長、AFS日本協会事務局長の挨拶に始まり、次に登場した増田太郎さんのリサーチ調査にはびっくり。
ヴァイオリンの曲で始まるのではなくて、会場を一体化したいという思いもあってか、また増田さんが会場の雰囲気を把握したいという思いもあったのでしょうか、楽しいリサーチでした。

次のジュピターの弾き方は腕をぐっと持ち上げる独特の弾き方で、ロック、ポップ、ピチカート(弦を指でならす技法)が入り、最後は弓をさっと後方に引いて、格好良かったです!
森山直太朗の「さくら」は弓を元から先まで十分に使って、音を限界まで引き伸ばしておりました。感激しました。
これからは純粋に音楽に浸るのかと思いきや、また突然、西武線の踏切の音や、救急車の音、コンビニのファミリーマートの音までもご披露、チューニングのやり直しをしなければならないのに、ご苦労にもいろいろな音を駆使して弾き、私たちを日常にある音の世界へと誘っておりました。

news20160914_tomo04

それから佐藤ひろのすけさんのピアノとの共演、バークレーで学んだ佐藤さんは、どのソリストにも合わせられるすばらしい伴奏をされる方だと思いました。増田さんの盲導犬エルムの物語は胸を打ちましたが、それに続いて「忘れられない人を思い出して聴いてほしい」という「希望の景色」は増田さんのエルムへのレクイエムだと思いました。本当に増田さんのエルムへの気持ちが伝わりましたが、私も忘れたくない人々に思いを巡らして聴きました。

「浜辺の歌」は編曲が続き、音がなくなった後にも残影(残音)が会場に満ちておりました。
それからニューヨークの聴衆の反応の仕方を説明の後、続けてテネシーワルツ・・・増田さんの中ではこの演奏会の始めから終わりまでの「筋」が言葉と音楽で繋がっておりました。だから次はAFSファミリーのこころの握手, 笑顔、虹になり、歌と口笛になる・・・。 後半は「ボクには君がいる」などヴァイオリンを弾きながらの歌、ピチカートも入れて楽しい雰囲気でしたね。
最後にステージに留学生を紹介し、ホストファミリーを招き、一人一人の花が増田さんの腕で花束になっていくという企画構成の素晴らしさに酔いました。

news20160914_tomo02
news20160914_tomo03

増田さんにとっては、本当に人生のためのヴァイオリンで体の一部だと思いました。目の前が二股に分かれていたら、迷わずヴァイオリンを抱えて、これからも決めた方へ進まれることでしょう。
今回はすばらしいチャリティーコンサートに出会えて本当に感激いたしました。

美術作家・島映子(AFS10期 63-64 USA)


増田太郎(ヴァイオリニスト)

5歳よりヴァイオリンを始め、20歳で視力を失うが、その生命力あふれる演奏が話題に。ヴァイオリンを弾きながらのけぞって歌う独自のスタイルを確立する一方で、ジャンルを超えた様々なアーティストのレコーディングやコンサートに参加。
東日本大震災発生後、アルバム「希望の景色」発表。収録曲「Waltz Noir(ワルツノワ―ル)」がテレビ東京「美の巨人たち」エンディングテーマに起用されたほか、《パッセのワルツ》がNHK BSプレミアム《世界ワンワンドキュ》挿入曲として放映。《JAPAN DAY(NYセントラルパーク)》《スポーツ祭東京2013開会式(味の素スタジアム)》など、国内外で活躍中。

tomo_20160831

佐藤ひろのすけ(作曲家、ピアニスト)

マサチューセッツ州 Berklee音楽大学卒。アイスが主食。高校卒業式を待たず、ひとり地球放浪の旅へ。20才まで世界の国々を放浪する。
今まで訪れた国はフランス、スイス、ベルギー、イタリア、フィンランド、イギリス、アメリカ、ベトナム、韓国、台湾、中国、シンガポール、インドネシア、オーストラリア、スペイン、ポルトガル。
NHK『コズミックフロント』、映画『王妃の館』、microsoft など映画音楽から企業CMの作曲まで手がける一方、ELT,堂本光一,前田敦子,八代亜紀等のLiveにピアニストとして参加。
また、都内大学で教鞭もとっている。

tomo_20160831_satou

AFS友の会では、講演会やチャリティコンサート、ボランティア活動などのイベントを行っています。
tomo@afs.or.jpにご氏名、AFSとの関係をご連絡ください。
AFS友の会のイベント情報を、メールでお知らせします。


この記事のカテゴリー: AFS友の会レポート

この記事のタグ   : AFS友の会