news20161014_bisan01

2016年の里帰りラッシュの最後を飾ったのは2015年度オーストラリアからの留学生テスニでした。
約7ヶ月ぶりに会うテスニははにかんだ笑顔はそのまま、少しやせて綺麗になっていました。久しぶりに会うという感じではなく、ついこの間まで尾三支部にいたようでした。
オーストラリアでは日本語を教えることもあるというだけあり、日本語も上手なままでした。

news20161014_bisan02
留学生たちと

そして今回で今年度4回目となるお帰りパーティをテスニのホストファミリーの自宅で行いました。
今の尾三支部の留学生も含め約20人が集まり、昔話に花を咲かせました。
テスニは今の尾三支部の留学生たちと年齢は下だけれど、留学の「先輩」として色々なアドバイスをしてくれたのではないでしょうか。

news20161014_bisan03
ホストスクールで

テスニはお母さんとの10日間の日本旅行の途中で尾道に立ち寄ってくれました。
尾道の滞在中には懐かしい母校の尾道高校にも行きました。行く前は「ドキドキする」と言っていましたが、先生方からもたくさん声をかけていただき緊張がほぐれたようでした。
尾道に3日間滞在した後、京都、大阪、東京を旅行するそうです。
いい思い出をたくさん作ってほしいですね!

news20161014_bisan04
かんぱーい

今年は2ヶ月の間に5人の留学生たちが尾三支部に帰って来てくれました。
母国に帰った後もこうして日本に、とりわけ尾三に帰って来てくれることを、ホストファミリーだけではなく、スタッフも本当に喜んでいます。
留学期間の10ヶ月は長い人生の中でほんの少しの時間かもしれません。
しかし、留学生にも私たちスタッフにもかけがえのない時を与えてくれたということを思わずにはいられません。

news20161014_bisan05
集合写真

これからも成長した留学生たちが里帰りする日を楽しみに待ちたいと思います。


支部へのお問合せ

(公財)AFS日本協会 尾三支部
info-bisan@afs.or.jp


この記事のカテゴリー: AFS活動レポート 再会・交流 後日談

この記事のタグ   : 尾三支部