大分中部支部では年間生3名の春休み期間中に広島へ平和学習旅行に行きました。
今回は夏にヨーロッパ3か国に派遣される3名の生徒と昨年夏の帰国生1名を加えて総勢7名となりました。

千羽鶴を供えましたが、折る時はクラスメートにも手伝ってもらった生徒もいて、学校でもうまく溶け込めていることがわかりました。

夜には平和学習として参加者が広島・原子爆弾・世界平和についてそれぞれの意見を述べ合いました。
年間生は皆しっかりとした意見を発表してくれましたが、これから外国へ出ていく派遣生は、まだ意見を述べたりする準備はできていないようでした。
この旅行での経験が、派遣先で役に立てばよいと思いました。

二日目は宮島へ渡り、厳島神社を参拝しました。

まだ寒くて桜が咲いていなかったのは残念でしたが、多くの観光客の間を縫って写真を撮ったり楽しく過ごしました。

支部へのお問合せ

(公財)AFS日本協会 大分中部支部
info-oitachubu@afs.or.jp


この記事のカテゴリー: AFS活動レポート

この記事のタグ   : 大分中部支部