5月14日(日)来日1か月後のオリエンテーションを開催しました。
日本で1か月を過ごした受入生とホストファミリーがそれぞれの新しい生活について話し合い、今後のAFS体験をより良いものとするために率直に意見交換をしました。

また、受入生は、日本語テストを受け、学習成果を確認しました。助詞、漢字など、それぞれ課題はあるものの、日本語習得に向け努力しています。

昼食には太巻き寿司を作りました。
定番の厚焼き卵やきゅうりの他にも、ゴマ昆布やアボカドなどの具を用いて、「おかあさんが好きな寿司」や「普段は作らない組み合わせの寿司」など様々なテーマの巻き寿司をホストファミリーと受入生が相談しながら作りました。

受入生、ホストファミリーの家庭での様子が感じられる温かい会となりました。


支部へのお問合せ

(公財)AFS日本協会 東京多摩支部
info-tama@afs.or.jp


この記事のカテゴリー: AFS活動レポート

この記事のタグ   : 東京多摩支部