「たんぼでがんぼー」に参加しました

 

AFS尾三支部では、平成29年6月11日(日)に尾道市御調町で開催されたJA尾道市主催の「たんぼでがんぼー」に参加しました。
参加したのは留学生3名、支部スタッフとその関係者11名の計14名です。
主催者側のあいさつと諸注意のあと、早速田んぼに入り田植えを始めました。
ぬかるんだ田んぼの中が歩きにくいのか、留学生たちは大きな笑い声をあげながら田植えを楽しんでいました。

田植え

つぎに、さつまいもの植え付けをしました。さつまいもの蔓を畑に植えていきました。
植え付けの途中、カエルやオタマジャクシ、ザリガニ、カブトエビなどの小動物を発見し、それらを捕まえたりして、大はしゃぎでした。

サツマイモの植え付け

お楽しみのお昼ご飯。おかまで炊いた「みつぎ がんぼう米」と、地域のお母さん方が作ってくださった野菜のお料理が並びました。

お昼ご飯
頂きます

日本の食文化で代表的な食材は?と問われると、「ご飯」「お米」になると思います。今から、秋の刈り入れと収穫が楽しみです。
なお、当日は地元の小学校からたくさんの児童とその保護者の参加もあり、230名を超える参加者で、盛大なものとなりました。
JA尾道市環境農業研究会の皆様、ありがとうございました。

3人の留学生
集合写真

支部へのお問合せ

(公財)AFS日本協会 尾三支部
info-bisan@afs.or.jp


この記事のカテゴリー: AFS活動レポート

この記事のタグ   : 尾三支部