6月18日、秋年間生2名の歓送会を開催し、春年間生、ホストファミリー、支部員、そして多くのゲストに参加していただきました。

春生3人は、秋生に対する感謝の気持ちと楽しかった思いを語ってくれました。
秋生はそれぞれ、日本での思い出と、学校やホストファミリーに対する感謝の気持ちを日本語で上手に述べてくれました。
そして先輩として、春生へのメッセージを英語で残してくれました。

また、ホストファミリーからも、一年間の思い出に加えて、「今度は貴方の国にみんなで遊びに行くね」「貴方の家はずっとここにあるからね」との暖かいメッセージが贈られました。

そして、7月8日、秋生の2人はホストファミリーや友人たちに見送られ、帰国の途につきました。
2人とも、感傷的になるのを懸命にこらえて、最後まで頑張っているその気持ちが伝わるようでした。
再会の日を心待ちにしています!


支部へのお問合せ

(公財)AFS日本協会 兵庫県支部
info-hyogo@afs.or.jp


この記事のカテゴリー: AFS活動レポート

この記事のタグ   : 兵庫県支部