2018年4月10日(火)、AFSタイから来日した3名の職員とともに、文部科学省初等中等教育局国際教育課を訪問しました。

AFSタイから来日した職員を交えて

今回の訪問では「アジア高校生架け橋プロジェクト」実施団体として内定した当協会の事業内容説明及びアジア・タイにおける日本語教育事業について紹介するとともに、今後の事業実施方針について協議を行いました。

2018年、AFS日本協会は、アジア諸国(20か国予定)から100名の高校生を幅広く招き、日本各地のスーパーグローバルハイスクール(SGH)をはじめ、実業高等学校にも配属できるよう準備を進めています。

小幡国際教育課長とともに

現在、日本全国で受入家庭を募集しております。留学生の受け入れにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください

本件に関するお問合せ先

公益財団法人AFS日本協会
担当:槇原(マキハラ)
[email protected]
03-6206-1919


この記事のカテゴリー: AFS活動レポート