years-experience access-alumni-network airfare airport-pick-up assistance-with-application-process community-service-placement continuous-support cultural-trips domestic-transport emergency-support field-trips global-competence-certificate grade-transcripts host-family-placement housing individual-contact-person internship-placement language-instruction meals medical-insurance orientations-during-your-time-abroad other pre-departure-orientation product-materials re-entry-orientation school-dipolma school-materials school-placement school-transport school-uniform stipend teaching-materials vaccinations visa-and-passport-fees visa-application-assistance world-wide-presence

日程:2019年7月14日㈰~8月11日㈰
対象:中学3年生~高校3年生
定員:10名
配属先:カリフォルニア州サンディエゴ
滞在形式:寮滞在
英語力目安:英検準2級以上(必須)
参加費:844,200円

プログラムの特徴

  • 社会問題の解決に向けて行動する地球市民を目指す
    名門カリフォルニア大学サンディエゴ校を会場に、社会を変えるチェンジメーカーとしての資質を高めます。昨年は日本のほか、ヨーロッパ、アジア、北米、中南米から合わせて約80名の生徒が参加しました。
  • 週替わりのテーマで、レベル別の英語研修を受ける
    現地到着後、レベル別に英語のクラスが分けられます。午前中は、それぞれのレベルに合わせて週ごとのテーマ(環境、移民など)に沿った語学研修を受け、午後のアクティビティに必要な単語なども学びます。
  • アクティビティを通じて、英語力を実践で生かす
    午後は、語学研修と同じテーマに沿って、フィールドトリップやボランティア活動などに取り組みます。午前中に身につけた語学力を実践の場で生かしながら、社会問題にどう取り組むか考えます。

配属について

  • プログラムの企画・運営は、AFSアメリカや提携している教育機関が担当しています。プログラム期間中は、AFSアメリカのスタッフやボランティアが寮に駐在し、参加者のサポートにあたります。
  • 10~15名で1つのスイートを共有し、それぞれにプログラムカウンセラーが付きます。各スイートの共有スペースは、参加者同士の交流の場として使われます。
  • スイートの中にいくつかのベッドルームがあり、3~4名で相部屋となります。ルームメイトの国籍や人数についての希望は承れません。
  • 寮の洗濯機やシャワーは共用で数に限りがあるため、お互いに譲り合って生活する必要があります。

短期留学体験談の一覧