「違う世界を見てみたい」
「自分を変えたい」
「新しいことにチャレンジしたい」
「留学したい」…!
そんなあなたの応募を待っています!

AFS平和の鳩プロジェクトの応募は、6月28日(金)をもって締め切りました。

「AFS平和の鳩プロジェクト」とは?

「AFS平和の鳩プロジェクト」は、一人でも多くの若者が異文化と共に生き、協働することの必要性を認識し、公正で平和な世界のために自ら行動できる人材となれるよう、AFSを通じてアメリカに留学した故・木下由子氏のご遺志とご寄附によりスタートした、AFSの新しい奨学金制度です。

本奨学金の受給者(平和の鳩スカラー)には、違う国で違う文化を持つ人々と約1年間をともに過ごすことで多くの学びが得られるAFSの年間派遣プログラムの参加費全額と、準備に必要な資金を援助します。

新しい可能性を探しに、世界や身近なところで前向きな変化を生み出すために、第一歩を踏み出してみませんか?AFS平和の鳩プロジェクトは、あなたのチャレンジをお待ちしています。

応募要項

1. 応募資格

応募時に中学3年生~高校3年生の生徒※1(派遣時に高校1年生~高校3年生)で、AFS年間派遣プログラム参加にあたり経済的支援を必要とする者※2

2. 募集人数

5名(予定)

3. 奨学金内容

AFS年間派遣プログラム参加費全額 最大170万円および 派遣準備資金として30万円※3 (いずれも給付)

4. 派遣対象国

以下のいずれかの国(希望をお伺いします)へ1学年間、留学します。

冬(1~4月)出発 :コスタリカ、タイ、パナマ、パラグアイ、ブラジル
夏(6~10月)出発:アメリカ、インド、インドネシア、中国、フィリピン、ブラジル、ボリビア、ホンジュラス、香港、メキシコ、ロシア

5. 選考方法・スケジュール

6/28(金) 書類受付 締め切り(一次選考)
7月中旬 書類審査 結果通知
8月 面接(二次選考)※4
9/29(日) AFS一般選考試験(英語、一般教養、面接)を受験※5
10月 奨学金審査結果の発表

※1: 中学3年生で出願できるのは夏出発の国のみ、高校3年生で出願できるのは、冬出発のブラジルとパラグアイのみです。
※2: 本奨学金がないとAFS派遣プログラムに参加できない方に限ります。
※3: AFS年間派遣プログラムの一部であるオリエンテーション参加にかかる交通費などにお使いいただくための準備金です。
※4: オンライン面接もしくは会場面接のいずれかでご案内します。
※5: AFS平和の鳩プロジェクトの面接(二次選考)を通過し、AFS選考試験を受ける方の選考手数料はかかりません。
選考会場は全国16か所で開催される予定です。
なお、選考試験の受験に際しては学校からの推薦書が必要となりますので、事前に学校の先生とよく相談してください。

応募条件・応募書類

※AFS平和の鳩プロジェクトの応募は、6月28日(金)をもって締め切りました

よくある質問

その他、ご不明な点、ご質問がある方は、
公益財団法人AFS日本協会 AFS平和の鳩プロジェクト事務局
TEL: 03-6206-1920
mail: [email protected]
までお問い合わせください。

A. AFS平和の鳩プロジェクトと、AFSの一般選考試験や公募制推薦に併願はできません。ただし、AFS平和の鳩プロジェクトに不合格になった時点で、一般選考試験、もしくは、公募制推薦での応募は可能です。
AFS平和の鳩プロジェクトは、経済的な支援を必要とする方で、AFS年間派遣プログラムに参加したい方のための奨学金です。プログラム参加費(全額)と派遣準備金(最大30万円)を支援しますが、派遣先として選べる国は限定されます(応募要項「4派遣対象国」をご参照ください)。応募要項は上の【ダウンロードはこちら】ボタンからダウンロードできます。
また、金額的に手厚い奨学金であることから、AFS平和の鳩プロジェクトの参加希望者は、より厳しい選考を通過する必要があります。経済的な支援の必要度の高い方に支給することを目的とした奨学金ですので、応募時には、関連する書類もご用意いただきます。あらかじめご了承ください。

AFSの一般選考試験、もしくは、公募制推薦で7月末までに合格した方を対象にした奨学金も複数あり、その他、自治体や国が設けている奨学金制度も複数あります(詳しくは奨学金一覧をご覧ください)。
一般選考試験や公募制推薦で選べる国はAFS平和の鳩プロジェクトで応募できる国よりも多く、募集人数も、AFS平和の鳩プロジェクトが5名に対して一般選考試験と公募制推薦の合計募集人数は合計390人と多いので、留学実現の可能性はより広がります。