新型コロナウイルス感染症に関する対応ー国内事業・イベント実施方針 (2023年1月10日現在)

新型コロナウィルス感染症の感染拡大予防のため、国内事業・イベントの実施可否を判断するための方針を以下のように定めます。本方針は今後の状況により、変更される場合があります。

1 対象とする事業
当協会(支部を含む)主催の国内事業・イベントのすべて

2 方針
政府・自治体などの関係機関や利用施設等の方針に従って実施します。実施にあたっては、感染拡大を予防するための施策を十分に講じた上で実施します。

以 上


オンライン会議などで使えるAFSバーチャル背景をご用意しました。

留学生募集説明会

〇留学説明会

年間派遣プログラムの説明と、参加者の体験談が聞ける会です。毎月1回以上、オンラインまたは対面で開催しています。
詳細・お申し込みフォーム

〇個別相談

下記の支部では、イベント開催の代わりに個別に留学相談を受け付けています。

▼宮城

お申し込みフォーム

▼新潟

お申し込みフォーム

▼山口

お申し込みフォーム

▼広島

お申し込みフォーム

ホストファミリー募集説明会

各国から日本各地にやってくる高校留学生のホストファミリー募集説明会です。毎月1回以上、オンラインまたは対面で開催しています。
詳細・お申し込みフォーム

ボランティア募集説明会

〇サポートボランティア(LP)

各国から日本にやってくる高校留学生およびホストファミリーを地域コミュニティの中で支える「サポートボランティア(LP)」(およびこの活動を含めた全般的な活動)の募集説明会です。毎月1回以上、オンラインまたは対面で開催しています。
詳細・お申し込みフォーム

〇学生ボランティア

ボランティアを始めたい大学生、専門学校生、高等専門学校4年生以上にむけた説明会です。毎年3月~5月ごろにオンラインまたは対面で開催しています。
詳細・お申し込みフォーム

AFSイベントカレンダー

AFSが主催・共催するイベント、各種セミナーなどが、googleカレンダーに登録されています。
標準の表示は、イベントが一覧で見られる「予定リスト」になっています。
カレンダー右上のタブで「週」「月」を選ぶと、表示方法が変更できます。
カレンダー左上の矢印ボタンで、表示期間を戻したり進めたりできます。

最新ニュース

AFS活動レポート

  1. news20230131-07

    22年春組生 送別会(長野南信支部)

    1月22日。昨年5月に来日したガーナ生とチリ生の送別会を開きました。久しぶりに対面形式の送別会、総勢29名の参加者となりました。
  2. 2022Yoshi-photo

    2022年度YOSHI基金の関連ニュース

    射殺事件から29年、旭丘高校YOSHIの会主催交流会にAFS 生が参加(12月17日)。旭丘高校では事件を語り継いでいこうと、毎年、剛丈さんの両親とともに銃規制に関する意見交換会を開いています。
  3. 2022-12-東海東京授与式

    2023年派遣「東海東京財団留学奨学金」受給者決定

    愛知県内に住んでいる生徒、もしくは愛知県内の学校に通う生徒を対象にした「東海東京財団 留学奨学金」は、地域の将来を担う人材、グローバルに活躍できる人材を育成するため、AFSで留学する生徒を対象に、1人あたり100万円を給付する奨学金です。

AFSからのお知らせ

  1. 2022-12-東海東京授与式

    2023年派遣「東海東京財団留学奨学金」受給者決定

    愛知県内に住んでいる生徒、もしくは愛知県内の学校に通う生徒を対象にした「東海東京財団 留学奨学金」は、地域の将来を担う人材、グローバルに活躍できる人材を育成するため、AFSで留学する生徒を対象に、1人あたり100万円を給付する奨学金です。
  2. BUL20221025

    3年ぶりに実施!「明治ブルガリア奨学金」受入事業

    2022年、株式会社明治によるご支援、在ブルガリア日本国大使館をはじめ多くの方々の応援をいただき、3年ぶりに、ブルガリア各地から選抜された4名の生徒を日本に迎え入れることができました。
  3. news20221221-2022-12-28th-YouthAssembly

    第28回「Youth Assembly」参加者を募集!

    世界各国から18~32歳の若者が集まり話し合う「Youth Assembly」第28回が、2023年8月11~13日にニューヨークで開かれます。若者たちがより良い世界のために何ができるかを話し合い、発信する会議です。

留学体験談

年間留学体験談

  1. news20220928-03

    「微笑みの国」タイで自分を変えたい

    文化の違う国に住むことは思った以上に大変で、思った以上に楽しいものでした。留学生活は決して全てが順調に進んだとは言えませんが、失敗も含めて留学の経験であり、既に多くのことを得ることが出来ていると思います。
  2. story20220420-france02

    留学レポート 非英語圏でたくさんの言語に触れる

    非英語圏に留学を決めてよかったなと思います。本当にたくさんの言語に触れることができるからです。この環境はすごく刺激的で、世界が一気に広がりました。
  3. news20220412-switzerland03

    スイス留学レポート 自分にとって一番の留学になるように

    到着した日の夜、ホストファミリーにおやすみといって自分の新しいベッドに寝転んだとき、自分の留学がついに始まったんだ、とゆっくり感じ始めた。

短期留学体験談

  1. story-sps-usa-19-02

    アメリカ短期留学体験談 タレントショーでダンス披露

    タレントショーという全員が好きな事を発表する場で、一人でダンスを披露しました。踊り終わった後にみんなが沢山褒めてくれて会話する機会が増え、自分から話しかける勇気も出ました。
  2. story-sps-canada-11-01

    カナダ短期留学体験談 英語を好きになれた1か月

    最初に必ず言葉の壁にぶち当たります。しかし、自分から積極的に話すことでその壁は思っているよりも簡単に破ることが出来ます。留学で言葉の壁に当たってしまった時は失敗、恥を捨てて積極的に話すのが一番良いです。
  3. story-sps-india-16-02

    インド短期留学体験談 絶対また行きます!

    ホストファミリーは本当に優しい人たちでした。見ず知らずの私を暖かく迎え入れて下さり、色々なところへ連れて行ってくれました。ホストマザーに「あなたはもう家族の一員よ」と言われ、思わず泣きそうになりました。

受入体験談

ホストファミリー&受入校の体験談

  1. story-hostfamily-23-01

    ホストファミリー体験談 タイ生マナオちゃんのホストファミリーから

    2021年度アジア架け橋4期生で、3月に帰国したタイ生ピャッポン・ジャンファさんのホストファミリーから素敵なお話を頂きました。
  2. story-hostfamily-22-01

    ホストファミリー体験談 ベトナム生テ君との夢のような生活

    本当にこの4か月は夢のようだった。テ君が帰ったいま、この4か月の出来事を思い出すと、あまりにも早く、本当だったのか、夢だったのか。
  3. story-hostfamily-21-1

    ホストファミリー体験談 人生を豊かに (150人の外国人を受け入れて40年)

    学生に限らず国籍も問わず外国の方々のホストファミリーを始めてから今年でおよそ40年が経ち、我が家にステイした外国人は今いるスミトラで150人を数えます。

来日留学生の体験談

  1. news20220607-yona01

    「ヨナはヨナでいい」ありのままの自分でいられた留学生活

    6月はプライド月間です。私たちにたくさんの気づきと感動を与えてくれた、オーストリア出身のヨナを紹介しましょう。 ヨナは日本再訪の旅によって改めて、自分が「ヨナ」として周囲の人々に愛されていたことを知ったのです。
  2. story-r-argentina-2-01

    来日留学生(アルゼンチン)の体験談 帰国前レポート

    将来のことについて、私のプランは再来年に日本か北海道に戻りたいです。まだたくさんの日本と北海道のこと知りたい。北海道が私の二番目の家になりました、この思い出は永遠になりました。この経験は忘れられないものになりました。
  3. story-r-argentina-01

    来日留学生(アルゼンチン)の体験談 中間レポート

    学校では私はSIT(北海道札幌国際情報高等学校)の学生です、学校生活はなまらたのしいです。 学校でたくさんの友達と先生に会いました。陸上部にも入りました。しょどう、かどうとさどうなどの異文化体験もしました。

AFS体験 その後

再会・交流レポート

  1. news20220607-yona01

    「ヨナはヨナでいい」ありのままの自分でいられた留学生活

    6月はプライド月間です。私たちにたくさんの気づきと感動を与えてくれた、オーストリア出身のヨナを紹介しましょう。 ヨナは日本再訪の旅によって改めて、自分が「ヨナ」として周囲の人々に愛されていたことを知ったのです。
  2. news20210922-niigata01

    フランスからの元留学生、トナンのメッセージ(新潟支部)

    こんにちは、お久しぶりです、AFS日本協会2014年春組年間生のトナン・バークです。この夏、25歳になりましたので日本に初めて来てから気づいたら7年間が経ってしまいました。
  3. news20191007-kyoto05

    元留学生ヤンがチェコから里帰り(奈良支部)

    2016年3月下旬から2017年2月始めまで年間留学生として奈良に滞在、高取国際高校に通っていたヤンが今年6月始めに再来日しました。

AFS体験 その後の進路・活動

  1. news20200826-speakerscorner

    コロナ禍で緊急帰国した10代が訴える 「高校留学を経験して、いま一番伝えたいこと」

    AFS生として留学し、新型コロナウイルスの影響で緊急帰国せざるを得なくなった高校生がオンラインで集まり、留学経験を経て感じたことを発表しあう「スピーカーズコーナー」を事務局・学生部で共催しました。2019年の夏、また2020年の冬から留学し、2020年の3月~4月に帰国した生徒のうち55名が参加し、27名が、それぞれの体験や思いを発表しました。
  2. news20200723-01

    オンライン進学・キャリアセミナーを開催しました!

    2020年7月19日(日)オンライン形式の進学・キャリアセミナーを開催しました。当日は、中学生から高校生・大学生・社会人まで、約50組の多くの方にお集まりいただきました。
  3. news20200702-03

    「キズナ強化プロジェクト」元留学生からのメッセージ

    留学でも就職でも、自分が叶えたい夢があったらまずは先に考えることからはじめて、一番いい結果に到達するために行動することが最も大事だと思います。自分が叶えたいことがあれば、まずはその選択肢について考えることからはじめ、即行動につなげることが肝心だと思います。