オンライン会議などで使えるAFSバーチャル背景をご用意しました。

AFSイベントカレンダー

個別相談受付中の支部

下記の支部では、イベント開催の代わりに個別に相談を受け付けています。

留学相談

▼新潟

個別相談受付中 →申し込みフォーム

▼山口

個別相談受付中 →申し込みフォーム

▼広島

個別相談受付中 →申し込みフォーム

ホストファミリー募集に関するご相談

▼島根

松江支部では随時受付中 →申し込みフォーム

▼長崎

個別相談受付中 →申し込みフォーム

最新ニュース

AFS活動レポート

  1. news20201029-01

    多文化共生セミナー「マイクロアグレッション」

    長年、留学プログラムを通じて異文化理解の機会を提供してきたAFSは、留学以外の方法でも、異文化理解や多文化共生について学んだり考えたりする機会をもっと広げていきたいと考え、中高生向けの多文化共生セミナーを企画しました。
  2. i-20201016event

    教育の場のCQ−異文化適応力

    教育現場の多文化共生が進む中、教育関係者のCQ(Cultural Intelligence・異文化適応力)の向上とCulturally Responsive Teaching(文化的配慮ある学び)が急務であるという課題感から、10月16日(金)、CQラボの異文化と教育研究会との共催で「異文化と教育~教育の場のCQ~」というイベントを開催しました。
  3. tomo20201023-02

    AFS友の会講演レポート 「LauraさんとFinlandを知ろう」(2)

    フィンランドでは、仕事の適性は、性別年齢に関係ないそうです。マリン首相は、コロナウイルスに適切に対処し、国民の間でも人気が高いようです。彼女の属する政党の社会民主党は、彼女のおかげで以前よりずっと国民の支持が増えたそうです。

AFSからのお知らせ

  1. 文部科学省補助事業「アジア高校生架け橋プロジェクト」2020年の実施決定

    文部科学省補助事業「アジア高校生架け橋プロジェクト」は2020年の実施が決定いたしました。今後、AFS国際本部とも協議しながら安全ガイドラインに則して来日準備を進めてまいります。
  2. IMG_20200928_150011

    朝日中高生新聞で紹介されました

    Withコロナの高校留学の状況について、朝日中高生新聞の9月13日発行号の一面で掲載されました。
  3. 異文化交流活動を絶やさないために 事務局長メッセージ

    コロナ禍により派遣・受入プログラムの通常どおりの再開が難しいなかで、異文化交流活動を絶やさないために、AFSは、さまざまな努力を続けております。活動の現状を、みなさまとも共有させていただきます。

留学体験談

年間留学体験談

  1. story20200901-philippines02

    フィリピン留学レポート 世界は1つに繋がっている

    AFSが私に与えてくれたフィリピンでの8ヶ月間は、世界は1つに繋がっている、新しい未来は皆で手を取り合って作り上げていくのだと私に教えてくれました。国籍も人種も宗教をも異なる人々と出会うことができたAFS体験は私にとってかけがえのない青春になりました。
  2. story20200831-finland02

    フィンランド留学レポート 自分の目で広い世界を

    日本もフィンランドも先進国です。日本とフィンランドにいるだけでは、大事なことを見落としてしまうと考えています。過去の経験が自己の存在を形づくるとするならば、自分の目で広い世界を見て、もっと豊かな人になりたいと思います。
  3. story20200827-finland04

    フィンランド留学レポート チャンスを無駄にせず挑戦する

    私がこの5ヶ月間大切にしてきたことはチャンスを無駄にせず挑戦することです。建築学生として、都市部に派遣されたことを利用し積極的に街並みや建物を観察、文化施設で学習、現地住民と話しました。

短期留学体験談

  1. story-sps-usa-19-02

    アメリカ短期留学体験談 タレントショーでダンス披露

    タレントショーという全員が好きな事を発表する場で、一人でダンスを披露しました。踊り終わった後にみんなが沢山褒めてくれて会話する機会が増え、自分から話しかける勇気も出ました。
  2. story-sps-canada-11-01

    カナダ短期留学体験談 英語を好きになれた1か月

    最初に必ず言葉の壁にぶち当たります。しかし、自分から積極的に話すことでその壁は思っているよりも簡単に破ることが出来ます。留学で言葉の壁に当たってしまった時は失敗、恥を捨てて積極的に話すのが一番良いです。
  3. story-sps-india-16-02

    インド短期留学体験談 絶対また行きます!

    ホストファミリーは本当に優しい人たちでした。見ず知らずの私を暖かく迎え入れて下さり、色々なところへ連れて行ってくれました。ホストマザーに「あなたはもう家族の一員よ」と言われ、思わず泣きそうになりました。

受入体験談

ホストファミリー&受入校の体験談

  1. story-hostschool-7-tonarinokakehashi3-02

    となりのKAKEHASHIさん#3 ブア(タイ)

    架け橋生の身近な人たちに、突撃インタビュ…
  2. story-hostschool-6-01

    ホスト訪問 石川県立小松高等学校(石川県小松市)

    ホスト訪問 Who’s yo…
  3. story-hostschool-tonarinokakehashi-no2-02

    となりのKAKEHASHIさん#2 アレックス(フィリピン)

    架け橋さん#2 Opon, Alexandra(フィリピン)【クラスメイト】Alexに初めて会った時の印象は、"天真爛漫"というイメージでした。彼女は全てのことに興味津々で、毎日イキイキとしています。

来日留学生の体験談

  1. story-r-usa-5-p02

    来日留学生(アメリカ)の体験談 日本での私のせいかつ

    今までいっぱい文化のちがいをかんじました。たとえばアメリカには男女べつ学はあんまりなのでちょうとびくりしました。
  2. story-r-panama-p02

    来日留学生(パナマ)の体験談 「完ぺき」な一年

    この1年間は、私に新しい展望をくれました。留学生でいたことは多くの意味を持ちました。大きなチャレンジでした。そして私の人格形成のプロセスとなりました。
  3. story-r-panama-p02

    来日留学生(パナマ)の体験談 日本での最初の5か月

    日本での生活は本当にすばらしく、この幸運に感謝しています。文化の違いは大きく、日本での生活、たとえば電車や食べ物、天気などに慣れるのに長い時間が必要でした。

AFS体験 その後

再会・交流レポート

  1. news20191007-kyoto05

    元留学生ヤンがチェコから里帰り(奈良支部)

    2016年3月下旬から2017年2月始めまで年間留学生として奈良に滞在、高取国際高校に通っていたヤンが今年6月始めに再来日しました。
  2. story-sequel-20

    元受入生Yona Schuhさんが事務所訪問

    9月24日(火)、2016年~2017年にオーストリアから長野県県ヶ丘高校に留学していたYona Schuhさんが、長野南信支部長・長坂さんと一緒に事務所を訪問して下さいました。
  3. news20190911-03

    留学生の里帰りが続いています

    Fabio(ファビオ)は2016年秋に年間生として南イタリアから来ました。今はロッテルダムの大学生ですが、夏休みを利用して友人と7月に来ました。

AFS体験 その後の進路・活動

  1. news20200826-speakerscorner

    コロナ禍で緊急帰国した10代が訴える 「高校留学を経験して、いま一番伝えたいこと」

    AFS生として留学し、新型コロナウイルスの影響で緊急帰国せざるを得なくなった高校生がオンラインで集まり、留学経験を経て感じたことを発表しあう「スピーカーズコーナー」を事務局・学生部で共催しました。2019年の夏、また2020年の冬から留学し、2020年の3月~4月に帰国した生徒のうち55名が参加し、27名が、それぞれの体験や思いを発表しました。
  2. news20200723-01

    オンライン進学・キャリアセミナーを開催しました!

    2020年7月19日(日)オンライン形式の進学・キャリアセミナーを開催しました。当日は、中学生から高校生・大学生・社会人まで、約50組の多くの方にお集まりいただきました。
  3. news20200702-03

    「キズナ強化プロジェクト」元留学生からのメッセージ

    留学でも就職でも、自分が叶えたい夢があったらまずは先に考えることからはじめて、一番いい結果に到達するために行動することが最も大事だと思います。自分が叶えたいことがあれば、まずはその選択肢について考えることからはじめ、即行動につなげることが肝心だと思います。