イベント

高校留学の経験は、今後の進路にどのように生かしていけるのでしょうか。帰国生ならではの視点から色々とお話しします。興味のある方は、是非ご参加ください。

イベント詳細を見る

留学説明会

▼新潟

6月15日(土)13:30~ 新潟 →詳細
8月4日(土)10:00~ 新潟 →詳細

▼東京

6月15日(土)18:30~ 御成門 →詳細 ※満員御礼
6月18日(火)18:30~ 御成門 →詳細
6月24日(月)18:30~ 御成門 →詳細
7月2日(火)18:30~ 御成門 →詳細
7月8日(月)18:30~ 御成門 →詳細
7月14日(日)10:00~ 八王子→詳細
7月19日(金)18:30~ 御成門 →詳細
7月27日(土)10:00~ 御成門 →詳細

▼神奈川

7月28日(日)10:00~ 相模大野 →詳細
8月25日(日)10:00~ 横浜 →詳細

▼静岡

6月23日(日)12:00~ 浜松 →詳細 ※県・県教委主催

▼静岡

6月23日(日)12:00~ 浜松 →詳細 ※県・県教委主催

▼愛知

7月15日(月)11:10~ 名古屋 →詳細

▼大阪

6月23日(日)13:30~ 大阪 →詳細
7月27日(土)13:30~ 大阪 →詳細
8月18日(日)13:30~ 大阪 →詳細
10月13日(日)13:30~ 大阪 →詳細

▼石川

7月20日(土)13:30~ 小松 →詳細

学生ボランティア説明会

AFSでは全国の学生部・支部で活動する学生ボランティアを募集しています。
同期の友達やAFSの活動に興味をもっている友人を誘って、ぜひご参加ください。

学生ボランティア募集

留学体験談

年間留学体験談

  1. 第14回「旅と平和」エッセイ大賞AFS帰国生が入賞

    マレーシアでの留学が始まると、私の周りは予想以上にイスラム一色に染まった。モスクでの礼拝や食事の作法、一か月間の辛い断食、その後のハリラヤ(お祭り)など、本当に自分がムスリムになったようだった。
  2. story20190412-switzerland02

    留学レポート もっと色々な世界を見てみたい

    留学中、最も印象に残っているのは学校のコンサートでバイオリンを演奏したことです。私の中では最高の演奏を学校で行われたコンサートですることができました。
  3. story20190403-bolivia02

    留学レポート 沢山の愛を注いでくれたホストファミリー

    無償で1年間ホストしてくれたファミリーには本当に感謝しています。血が繋がっていないのにも関わらず、沢山の愛を注いでもらい、時には喧嘩し、本当の家族のような存在でした。

短期留学体験談

  1. story-sps-unitedkingdom-18-03

    中学生イギリス短期留学体験談 外国の人は自己表現が豊か

    外国の人は自己表現が豊かで、”Yes” or “No”がはっきりしています。自然とその中にいると、私も普段と違って、遠慮なく、思った通りに話していました。とても楽しかったです。
  2. story-sps-unitedkingdom-17-04

    中学生イギリス短期留学体験談 自分を発信すること

    私の未熟な英語を親身になって聞いてくれたお蔭で、間違いを恐れず様々なことに積極的に挑戦してみようと思えました。苦手だったはずの「自分を発信すること」は、お互いを知ることができる大切なことだと気付き、今では楽しい時間だと思えます。
  3. story-sps-unitedkingdom-16-03

    中学生イギリス短期留学体験談 色々な価値観を体感

    チリの人たちとの交流では、地球の反対側に住んでいる人とでも、同じように喜びや悲しみを体験し、いつもの日本の生活では忙しくてできないことをたくさん経験できました。

受入体験談

ホストファミリー&受入校の体験談

  1. story-hostfamily-20-01

    ホストファミリー体験談 手放しがたい気持、羽ばたいてほしい気持

    毎日携帯の写真を見返していますが、何もかもが良い思い出です。ベトナムのご両親とは、プログラム終了後に、お互い訪問しあう約束もしました。今までまったく縁のなかった国との交流が始まる気がして、ワクワクしています。
  2. news20181120-whosyourbuddy-02

    ホスト訪問 福島県立ふたば未来学園高等学校

    ホスト訪問 Who's your buddy? ホストスクール:福島県立ふたば未来学園高等学校(福島県双葉郡広野町) 架け橋生:デラガナダン,インドラ(マレーシア)
  3. story-sequel-17-20181009-04

    再会レポート サミーとの交流は今でも続いています(静岡支部)

    サミーがうちにホームステイしてからもう数年がたちましたが、あれからずっと彼女とは交流が続いています。

来日留学生の体験談

  1. story-r-cambodia-1-02

    来日留学生の体験談 2018年アジア高校生架け橋プロジェクトの経験

    今年2019年の4月28日に、カンボジアの最初のアジア高校生架け橋プロジェクトのオリエンテーションがありました。次のカンボジアからの留学生が参加して、このプログラムについて色々な情報をもらいました。
  2. story-r-cambodia-1-02

    来日留学生の体験談 ずっと夢に抱いた日本の高校生活

    僕がずっと夢に抱いた日本での高校生活。今も、それは夢のようです。一年前の僕に「あなたは一年後留学生として日本に行くよ」と言ったら、僕はきっと信じられないと言うだろう。でも、その夢は現実になりました。
  3. news20180613-oitachubu01

    フランチェスコ記念奨学金奨学生 ルカの来日留学レポート(イタリア)

    これまで大分で過ごして、なぜフランチェスコがこの場所を愛していたのか、分かった。私は私の周りにあるすべてのものに感謝し始め、このことが今の自分にしてくれた。

AFS体験 その後

再会・交流レポート

  1. news20190612-04

    AFS25期帰国生が40年ぶりのリユニオン!

    「久しぶり」「元気だった?」「変わったね」「変わらないね」「初めまして」・・と様々なあいさつで始まった25期リユニオン。高校生で1年間の留学に旅立った仲間たちが、帰国後40年記念で初めてのリユニオンを6月1日に東京都内で開きました。
  2. story-sequel-17-20181009-04

    再会レポート サミーとの交流は今でも続いています(静岡支部)

    サミーがうちにホームステイしてからもう数年がたちましたが、あれからずっと彼女とは交流が続いています。
  3. news20180801-bisan04

    4人そろって里帰り(尾三支部)

    2014年度に受け入れた年間生4人が、そろって里帰りしました。マリカ(フィンランド)、マーチ(オランダ)、リン(タイ)、タイラ(メキシコ)です。

インタビュー・座談会

  1. interview-kobayashichiaki-01

    帰国生インタビュー 小林千晃さん

    将来的な就職を考えることや言語力向上ということよりも純粋に未知なるものとの遭遇を楽しんでみたい、文化も言葉も違う学校生活を楽しんでみたい、という思いから中南米が一番面白そうのではないかと考えました。
  2. intvw_unplan_profile

    帰国生インタビュー 福山大樹さん&デリス・グリーンさん

    スウェーデンに1年留学をしていたということもあり、海外の人と交流するのが好きで、バックパッカーとしても50か国くらい旅をしました。いつかは日本に来る外国人の人たちに同じように楽しい経験をしてほしい、という思いがずっとありました。
  3. zadan_latinamerica05

    座談会「中南米留学」 4.中南米ならではのこと・お勧めポイント

    -人気のあるイベントやアクティビティは何でしたか? 美奈: やっぱりサッカーですね。私がいた年は南アメリカのリーグ戦があったので試合が多くて、家族は顔にパラグアイの国旗を描いて、さらに国旗を持って応援していました。