3月30日に開催した2015年の大阪ツアーには、日本人中高生37名、留学生20名、学生スタッフ19名の、計76名が参加しました。

午前中は、道頓堀周辺をスタッフがクイズを交えながら散策しました。昼食では、大阪名物のお好み焼きに舌鼓を打ちました。
日本人中高生が、留学生にお好み焼きの焼き方を教えてあげたりするなど、楽しそうな様子が伺えました。

news20140515_OsakaTour

午後からは、大阪歴史博物館を見学しました。日本人中高生は、大阪の歴史を再確認し、留学生は日本の歴史、文化に興味津々でした。
その後、大阪城公園へ行き、アクティビティを行いました。
最初は緊張しているように見えた参加者も、解散する頃には打ち解けた様子で、グループのメンバーと親しげに話す様子が見受けられました。

今年度も大阪ツアーを無事開催することができ、日本人中高生と留学生との国際交流の機会を作ることができました。これからも、こうした国際交流の機会を提供できるように精進していきます。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。

お問合せ

(公財)AFS日本協会 関西学生部
sv-kansai@afs.or.jp


この記事のカテゴリー: AFS活動レポート

この記事のタグ   : 関西学生部