7月18日(土)、徳島県立徳島北高等学校において「とくしま留学フェア2015」が開催されました。
このフェアは、徳島県教育委員会と日本英検協会の共催という形で、県内の中高生や保護者、教員を対象に実施されました。

news20150807_tokushima01

プログラムは三部制で、海外大学留学生によるプレゼンテーション、留学生による模擬授業(テーマ別分科会)、個別相談会が行われました。
AFSはこの個別相談ブースで、来場された方に交換留学の魅力やAFSプログラムについて紹介しました。

当日は、この春に来日し、徳島県立鳴門高等学校に通学しているアメリカからの留学生もPRに協力してくれました。

徳島には現在支部はありませんが、地域ボランティアの協力を得て留学生の受け入れ活動を行っています。
これから徳島県から飛びたつ高校生が増えること、徳島県内での留学生の受け入れが増えることを願っています。

活動地域へのお問合せ

(公財)AFS日本協会 徳島での活動
info-tokushima@afs.or.jp


この記事のカテゴリー: AFS活動レポート

この記事のタグ   : 徳島での活動