news20161111_bisan01

10月28日(金)、三原高校で2年生22名の生徒さんとAFS留学生6名(年間生3名、半年生1名、短期生2名)との交流会を持ちました。

三原高校の生徒は、海外や英語に興味を持っている人や、すでに短期で海外へ行った経験を持つ人、これから留学を考えている人などが参加しているとあって、最初から積極的かつ和やかに自己紹介をしていました。

news20161111_bisan02

自己紹介は堅苦しくならないようにと、ゲーム形式で全員の生徒と留学生が話せるように工夫されていました。
キューブ(さいころ)を使って将来の夢、好きなデザート、行きたい場所、好きな映画などの項目で、時には笑い声をあげながら会話がはずんでいました。

news20161111_bisan03

又、Globalozationというテーマで、日本から発信したい事、海外から取り入れたい事について話し合いました。
少し硬そうなテーマではありましたが、高校生らしい発想で、言葉、平和、食べ物、文化など各グループで意見を出し合っていました。

その後の発表では、富士山や歌舞伎、広島原爆ドームなど、まだまだ日本の優れた物、残したい物を世界へ発信し、逆に日本には、もっとフレンドリーな気持ちを海外から取り入れたいなどの意見が出ました。
英語科の先生3名とALTの先生が見守るなか、良い雰囲気で交流ができ、留学生も堂々と自分の意見を述べていて、とてもたくましく見えました。

news20161111_bisan04

交流を終えたマレーシアからの短期生ヴァネッサは「三原高校の生徒は、英語がじょうず。すごかった。」と感嘆した様子でした。また、6名の留学生全員がそろうのは今回が最後ということで、いい機会を作っていただいたと思います。
三原高校の先生方、生徒の皆さん、楽しいひと時をありがとうございました。


支部へのお問合せ

(公財)AFS日本協会 尾三支部
info-bisan@afs.or.jp


この記事のカテゴリー: AFS活動レポート

この記事のタグ   : 尾三支部