2017年5月16日(火)、岡野支部長と昨年度の留学生ラスムスのホストブラザーの廣瀬詠太郎君が、ちゅピCOMおのみち(尾道ケーブルテレビ)に出演しました。
AFSの活動の紹介とホストファミリー募集の呼びかけをしました。

キャスターの西川さんの質問に答えながら、支部長は、日本の家庭に入り日本の高校に通い日本人と交流する、世界からやってきた留学生を支援するAFS活動を紹介し、ホストファミリーをするのに、英語が話せないとか、子どもが小さいとか心配する必要がないことを話しました。
廣瀬君は、ホストファミリーをすることになったきっかけや、雨の中自転車でしまなみ海道を走った留学生との思い出を話しました。

少しでもAFSに対する理解が深まることを期待しています。


支部へのお問合せ

(公財)AFS日本協会 尾三支部
info-bisan@afs.or.jp


この記事のカテゴリー: AFS活動レポート

この記事のタグ   : 尾三支部