6月25日に3名の留学生の送別会を行いました。
それぞれのホストファミリーのほかに今年の派遣生、次年度の3軒のホストファミリー、支部関係者など総勢50名ほどが集まって楽しい会になりました。

留学生にはそれぞれの一年を振り返って発表をしてもらい、留学生活にあまり触れることのない参加者にも、生徒たちの様子を知ってもらうことができました。
ホストファミリーの間では、今年のファミリーから受入未経験のファミリーへのアドバイスなどもしていただきました。

7月8日に大分空港でお見送りをしました。イタリア生のファビオだけが一足早く午前中の便で出発したので、見送りが2回になりました。
ポルトガル生のジョンはファビオの見送りのために午前中からきて、別れを惜しんでいました。

午後にはフィンランド生のヘイディがホストファミリーに伴われてきて、ジョンのホストファミリーや学校の友達も見送りに来てくれました。
ジョンは2019年のラグビーワールドカップに合わせて大分に戻ってきますと言って帰っていきました。
ファビオは日本語の勉強を続け、AFS生受け入れを決めている両親を助けるそうです。
ヘイディは帰国後にAFS生を受け入れるお母さんを助けるそうです。
こうしてAFSの輪が広がっていくのはとても楽しみです。

支部へのお問合せ

(公財)AFS日本協会 大分中部支部
info-oitachubu@afs.or.jp


この記事のカテゴリー: AFS活動レポート

この記事のタグ   : 大分中部支部