8月20日(日)、北神奈川支部に待ちにまった3名の秋組生(ポルトガル・ベルギー・ブラジル)が到着しました!
そして1週間後の8月27日(日)に、サバイバル日本語教室と到着直後のオリエンテーションを実施しました。

サバイバル日本語教室では、最初の週で覚えておくと便利な単語、ホストスクールで自己紹介をする際の練習のほか、「ぶるぶる」「ぺこぺこ」などのことばを覚えたりと、積極的にノートを取り吸収しようとしていた姿が印象的でした。

到着直後オリエンテーションでは、まずは1週間をすごしてみてどうだったかの報告や、びっくりしたこと、困っていること、通学前の準備に関してわからないことがないか、支部員と一緒に確認しました。

最後はコンビニに行き自分たちで昼食を購入し、お弁当を食べながら歓談し、にこやかな雰囲気のもと終了しました。
男子生徒2人は意気投合したのか、まるで数ヶ月一緒にいる友達同士のような仲良さで、びっくりしました。

来月は、既に半年滞在している春組生3人と対面します。これからが楽しみです。

支部へのお問合せ

(公財)AFS日本協会 北神奈川支部
info-kanagawa@afs.or.jp


この記事のカテゴリー: AFS活動レポート

この記事のタグ   : 北神奈川支部