今年は8月20日に3名の留学生を大分空港で出迎えました。イタリアからはEleonoraとLuca、ドイツからはLinaがやってきました。
それぞれのホストファミリーにあたたかく出迎えられて留学生活の始まりです。

到着二週間後にオリエンテーションと歓迎会を行い、たくさんの参加者を前に、用意してきたスライドを使って日本語を交えて自己紹介をし、そのあとはみんなで大分の郷土料理を作って交流しました。
参加した中高生は、今後も支部活動を通じて留学生との交流を続けたいということで、今後が楽しみです。

だんごの作り方を習っているところ
食後の楽しい交流

支部へのお問合せ

(公財)AFS日本協会 大分中部支部
info-oitachubu@afs.or.jp


この記事のカテゴリー: AFS活動レポート

この記事のタグ   : 大分中部支部