11月14日(土)から16日(月)の2泊3日、大阪府羽衣青少年センターにて第63期冬組の出発前オリエンテーションを行いました。

news20151127_orien01

このオリエンテーションでは、派遣内定生が約1年間の留学をより有意義なものにできるように、異文化を理解し、適応する大切さや、相互理解、第一回オリエンテーションから今までの振り返りと出発までの準備についての大切さについてをディスカッションやアクティビティを通して深く考え、学びました。

news20151127_orien02

今回のオリエンテーションでは、半数の派遣内定生が名古屋会場で第一回オリエンテーションを受けていたのですが、26名という少ない人数だったので、最初は緊張していた様子でしたが、2日目、3日目と時間が経つにつれて緊張もほぐれ、新たに63期の仲間を作れたことに喜びを感じているようでした。

news20151127_orien03

この3日間を通して、大人しい様子だった派遣内定生が積極的になろうと努力していたり、全員が留学まで残り少ないことを実感し、準備に向けて真剣に考え、仲間たちと刺激をし合う様子を見てとても感動しました。

news20151127_orien04

彼らの留学生活が有意義なものであるよう、ボランティア一同心から願っております。


出発前の高校生の声


第63期 出発前オリエンテーション 大阪会場
学生責任者 吉村愛花

お問合せ

(公財)AFS日本協会 関西学生部
[email protected]


この記事のカテゴリー: AFS活動レポート

この記事のタグ   : 関西学生部