AFS東京練馬支部ではZOOMによる帰国報告会を開催しました。

留学生、帰国生、派遣生、支部員

3月にコロナの影響で緊急帰国したアジア架け橋生と66期派遣生、今年の夏に留学予定が中止になった67期派遣生、ゲストにインドネシア、パラグアイ、マレーシアの先輩留学生(^^)
ホストファミリーや派遣生保護者、支部員など約40名が参加してくれました😊

アジア架け橋生の韓国からのジヒョンはメッセージを音声で送ってくれました(^^)

画面上ですが久しぶりの再会に皆さん笑みが溢れとても有意義で楽しい2時間半になりました。

緊急帰国した生徒はコロナによりみんなそれぞれに大変な思いをしたのにも関わらずプレゼンでは留学先での思い出や異文化体験をしっかり発表してくれて前向きな姿勢に参加者一同が感動しました。

66期カナダ派遣からの帰国報告
66期メキシコ派遣からの帰国報告
66期デンマーク派遣生の帰国報告
66期マレーシア派遣生の帰国報告

67期からも延期になった来年の留学に向けて今できることを頑張っているとの話が聞けました。
海外から参加してくれた留学生は近況報告やコロナの現地での状況をシェアしてくれました。

3月初めに緊急帰国したインドネシア留学生 ディファ。farewellパーティができなかったのでみなさんと久しぶりの画面越しで再会(^^)

画面を通してAFS東京練馬支部が世界で一つにつながっているのを会を通して感じられました。
これからもこのように新しい形で東京練馬支部は世界にいる留学生、日本の派遣生や帰国生たちと繋がっていきたいです🌎🌏🌍


支部へのお問合せ

(公財)AFS日本協会 東京練馬支部
東京練馬支部Facebookページ


この記事のカテゴリー: AFS活動レポート

この記事のタグ   : 東京練馬支部 アジア高校生架け橋プロジェクト