私は、中国の鞍山市に行ってきました。
中国について、いいイメージを持ってる人は、少ないと思います。私は、中国語を学ぶのはもちろん、文化や歴史なども学べたらいいと思い、プログラムに参加しました。

私は、中国に行くこと、留学をすることは、初めての体験で、行く前は少し不安を感じていました。
ホームシックになったらどうしよう、と思っていましたが、ホストファミリーは、とても優しく、寂しさを忘れさせてくれるほど、色々な所に連れてってもらってとても感謝しています。

平日は、学校に通いました。授業は、このプログラム専用のものでした。日本から行ったのは3人だけで、学校には、イタリア人、ドイツ人、中国人の生徒がいました。
授業は、英語で中国語を学びました。午後は、中国料理を作ったり、太極拳をやったり、とても勉強になりました。
授業が終わると、留学生同士で、公園に行ったり、買い物に行きました。

私が留学先で、驚いたことは、鞍山市に住んでる中国人は、夕方6時ぐらいから9時まで、沢山の人が公園に集まり、みんなでダンスを踊っています。私も、その踊りに参加しましたが、とても楽しかったです。
私のホストシスターは、私のことをいつも公園に連れてってくれて、友人を紹介してくれました。
その友人と、夜ご飯を食べたり、楽しい時間を過ごしました。

私は、中国人に質問されました。中国についてどう思っているかと、聞かれました。
週末には、買い物に連れてってもらい、店に入ると店員の人が日本について話していることが、ちらほら聞こえました。日本について、関心を持ってくれているのは嬉しかったです。私は、日本と中国がより良い関係でいられることを願います。

私は、留学から帰ってきた後も、ホストファミリーとチャットをしています。ホストファミリーは『あなたには、日本の家族と、中国にも家族がいることを忘れないでね』と言ってくれて、いつでも家に遊びに来てね。と言ってくれてとても嬉しいです。
私は、ホストファミリーと、プログラム中には話しきれなかったことを、私はこれから中国語について勉強をして、また会う時に中国語でスムーズに喋ることが今の私の目標です。

私は、今回のプログラムに参加したことで、沢山の経験をして、日本だけではなく、世界に視野を広げることができました。
3週間という短い間でしたが、中国が大好きになりました。

▼短期留学プログラム


この記事のカテゴリー: 中国 短期留学体験談