news20150915_bisan01

2013年度の年間受入れ生ミンミン(タイ)が1年半ぶりにご両親とともに里帰りしました。
スタッフや留学生とのホームカミングパーティー、ホストスクール訪問、尾道観光と、盛りだくさんの3日間を過ごし、慌ただしく上京して行きました。ミンミンはこれから4年間、東京の大学で学びます。
ミンミンがレポートを書いてくれましたのでご紹介します。
スタッフにも元気をくれるステキなレポートです。ありがとうミンミン!

news20150915_bisan02
ミンミンとご両親

As the plan was set that I would be going back to Onomichi along with my parents, I was so excited to meet my host family, friends and AFS people once again. Knowing that I would be leaving my family and my home country again was quite nervous but at the same time I really looked forward to my departure.
While I was in the Shinkansen bounding Onomichi, I just couldn’t help but imagine myself going back to the neighborhood, to everywhere I used to be. My host family invited the AFS staff and new exchange students to their house and arranged me a really warm Welcome Back Party. I had gone back for one and a half year already but it felt as if I was still an exchange student there. Everyone was so kind and loving as always. I feel so lucky to have known them and be part of the AFS family.
I also had a chance to go back to school and meet all of my classmates, teachers and people at school whom I have acquainted with. Unfortunately, the only time I could meet my friends was during the lunch break and it went by very quickly, so I couldn’t talk to all of them. I learned that my coming back news was spread around the school, though I only told few of my close friends. As I arrived at the classroom, not only my classmates were excited but friends from other classes and teachers also came to see me. Even the teacher who wasn’t there in the year I came here knew about me and my return! Even though, it was such a short period of time, I was really delighted to see everyone. It was so overwhelmed to know that everyone still remembers and counts me as one of them, not just an exchange student who came and left.
It is such a rare occasion for host families to meet the exchange students’ real parents. I was lucky enough to have two lovely families and I got to be with both of them at the same time! Despite the language boundary and different backgrounds between my host family and real family, they got along really well. This just proves to me once again that the difference in races does not make them distant at all.

news20150915_bisan03
ホストファミリーと学校へ

私の家族と尾道に里帰りする計画を立てた際、ホストファミリーや友達、AFSのみなさんと再会できると思うと楽しみで仕方ありませんでした。
家族と国を残して再び旅立つことを考えると確かに緊張しましたが、同時に出発を楽しみにもしていました。
新幹線で尾道に向かっている時、私がかつていた近所に戻るような感覚を抑えることができませんでした。
帰ってくると、ホストファミリーが家にAFSのスタッフや新しい交換留学生を招待し、とても温かい「お帰りなさいパーティー」を開いてくれました。
今回、実に一年半ぶりに帰ったわけですが、私はまだ交換留学生であるかのような感じがしました。
みなさんがいつものように優しく愛を持って迎えいれてくれ、私はみなさんと出逢え、そしてAFSファミリーの一員であることが本当にラッキーだったなと思います。
また、母校に戻る機会があり、かつての同級生や先生たちと再会することができました。
残念ながら、友人たちとの再会は昼食時間のみでほんのわずかな時間だったので、みんなと話すことはできませんでした。
私が戻るということは仲の良かった友達にしか伝えていませんでしたが、戻ってくるというニュースは学校中に広がっていたようでした。
私が教室に着いたとき、クラスメートが喜んでくれただけでなく、他の教室の子達や先生たちが会いに来てくれました。私が留学していた年にいなかった先生まで私のことや里帰りのことを知っていたのです!
短い時間ではありましたが、みんなに会えて本当に嬉しかったです。
みんながまだ私のことを覚えてくれていて、私のことをみんなの一員として数えてくれていて、ただの一人の交換留学生ではなかったんだなという思いに圧倒されました。
ホストファミリーが実の両親と会えるというのは大変貴重な機会です。私は2つの素敵な家族を持てて、その上、両方の家族と同じ時間をいっしょ過ごせたとはなんて幸運なんでしょう!
実の家族とホストファミリーの間には異なる言語、背景があるにもかかわらず、お互い本当に仲良くなりました。
この経験は、人種の違いなんて彼らにとっては何の隔たりでもないんだと、改めて私に証明してくれました。

ミンミン


支部へのお問合せ

(公財)AFS日本協会 尾三支部
info-bisan@afs.or.jp


この記事のカテゴリー: AFS活動レポート 再会・交流 後日談

この記事のタグ   : 尾三支部