news20160627_hyogo02

6月19日、秋年間生、タビタの送別会を開きました。
春からの留学生、ホストファミリー、日本人の帰国生、派遣生、日本語の先生、支部員に加えて、2012年にコロンビアから留学していた特別ゲスト、セバスチャンを迎えて、タビタの一年間の頑張りを讃えました。

news20160627_hyogo01

タビタは挨拶の中で、周りへの感謝の言葉とともに、ホストファミリーの手助けもあり友人もすぐにできた、剣道は現在1級で、日本を発つ前に初段の試験を受ける、そして剣道を通じて他校の生徒とも仲良くなれた、などと1年を振り返ってくれました。

最後にタビタのホストマザーから「はい(受け入れる心)、ごめんなさい(間違った時素直に謝る心)、ありがとう(感謝する心)、この3つの心を忘れないで」・・とアドバイスをいただきました。

news20160627_hyogo03

その後の茶話会では、写真を撮ったり、いろいろ話をして、タビタとの別れを惜しみました。


支部へのお問合せ

(公財)AFS日本協会 兵庫県支部
info-hyogo@afs.or.jp


この記事のカテゴリー: AFS活動レポート

この記事のタグ   : 兵庫県支部