2020年3月14日、AFSは新型コロナウイルス感染症の世界的流行を受けて、参加生の安全を第一に考え、長い活動の歴史の中で初めて、進行中のプログラムを全世界で一斉に中止しました。

AFSは、65年以上にわたり、個々の内面にも対人関係にもインパクトをもたらす学び、違いを超えて理解しあうことの大切さを理解する機会、自分と社会のために行動できる力を育む機会を提供し続けてきました。

異文化学習は決して限られた人のためだけの体験ではなく、どんな人へも多くの可能性の扉を開くものです。
ローカルな課題にもグローバルな課題にも目を向ける姿勢、他者の視点に立って考える力、それをコミュニケーションに活かす力、そして、状況を分析し改善するために行動できる力は、さまざまな場所で生きるプログラム参加者、また、その保護者や家族、ボランティア、生徒を受け入れた家庭、学校、コミュニティの姿に反映されています。世界がつながっていることが分かったいま、わたしたちがAFS Effectと呼ぶようなこれらの能力は、今後ますます重要になってくるでしょう。

しかし、春以降のプログラムは中止または延期調整中です。経済・生活・学習環境、出入国規制等の影響から、いまのように多様な国との交流活動は継続できなくなるかもしれません。
現在、日本協会を含め、AFSの世界各国のパートナーは、国際本部と連携し、新しい異文化学習の方法を急ピッチで検討しています。同時に、既存事業の実施方法の見直しも進めています。

これまでにAFSプログラムに関わってくださった方々、活動に共感してくださる皆さまにお願いします。どうか、この学びのプラットフォームが失われることなく異文化理解教育の活動を継続できるよう力を貸してください。多くの皆さまのご支援を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

PostCovid-PIC-SeparateYellow

支援者 237人

寄付金総額 ¥5,032,000  

※2020年7月9日 10:36現在
みなさまのご支援は、世界と日本をつなぐ力になります。

One AFS緊急募金に協力する

ゆうちょ銀行 〇一九支店 当座0610779 AFS寄付金口座
(ゆうちょ銀行間の振替の場合:00170 5-610779 をご指定ください)
※通信欄に、「One AFS緊急募金」とお書きください。また寄付金領収書をご希望の場合は、振込人欄にお名前とご住所を明記くださいますようお願いいたします。

継続寄付は、AFS活動の推進力になります

コロナウイルス禍は既にその長期的な影響が懸念されています。継続的で安定した支援はAFSの組織基盤を真に支え、新しい事業を後押しする力になります。月々一定額の寄付をお選びいただき、AFSへの力強い後押しをお願いいたします。

One AFS緊急募金に、多くの皆さまのご支援を心よりお願い申しあげます。

皆さまからのコメント

#OneAFS緊急募金 on Instagram