AFSへのご寄付は、異文化理解教育を普及するための啓発活動、国内での交流機会の提供、多文化共生の現場を支えるボランティアの育成、より多くの生徒にプログラム参加機会を得てもらうための奨学金などに活用されています。

▼寄付者の声

AFSの関連ニュースもご覧ください

年間留学体験談(奨学生レポート)

  1. story20200901-philippines02

    フィリピン留学レポート 世界は1つに繋がっている

    AFSが私に与えてくれたフィリピンでの8ヶ月間は、世界は1つに繋がっている、新しい未来は皆で手を取り合って作り上げていくのだと私に教えてくれました。国籍も人種も宗教をも異なる人々と出会うことができたAFS体験は私にとってかけがえのない青春になりました。
  2. story20200831-finland02

    フィンランド留学レポート 自分の目で広い世界を

    日本もフィンランドも先進国です。日本とフィンランドにいるだけでは、大事なことを見落としてしまうと考えています。過去の経験が自己の存在を形づくるとするならば、自分の目で広い世界を見て、もっと豊かな人になりたいと思います。
  3. story20200827-finland04

    フィンランド留学レポート チャンスを無駄にせず挑戦する

    私がこの5ヶ月間大切にしてきたことはチャンスを無駄にせず挑戦することです。建築学生として、都市部に派遣されたことを利用し積極的に街並みや建物を観察、文化施設で学習、現地住民と話しました。

国際理解教育の出前授業

  1. news20200219-demae01

    AFS国際理解教育出前授業レポート@都立文京高校

    2019年12月11日、都立文京高校(東京都豊島区)の1年生約360人を対象に、「これからの異文化理解~なぜ多様性は重要なのか~」と題して、簡単なアクティビティを取り入れながら講演を行いました。
  2. news20191021-education04

    AFS国際理解教育出前授業 @松浪中学校

    9月24日に茅ヶ崎市立松浪中学校の1年生の4クラス(計150名)でフランスからのAFS留学生オリンプさんを講師とした出前授業を行いました。 オリンプさんは4月にAFSの年間留学生として来日し、現在は神奈川の高校に通学しています。
  3. news20190716-demae01

    AFS国際理解教育出前授業レポート @東福岡高等学校(福岡県)

    2019年6月27日、福岡県福岡市の東福岡高等学校でAFS国際理解教育出前講座を実施しました。今回の講座では、「“グローバル人材”は本当に必要なのか」をテーマに、職員が講演を行いました。

活動報告書のお届け 

月々一定額(マンスリー・カード・サポーター)で寄付をご登録くださった方には、「One AFS寄付会員証」を発行し、年1度、活動報告書「This is AFS Effect」をお届けしています。

この件に関するお問い合わせ先

公益財団法人AFS日本協会 寄付・奨学金担当
Eメール:[email protected]