ハイライト

創設65周年を迎えました

日本でAFS活動を始めてから65周年の節目となった2019年。10月に東京で記念式典・レセプションを開催しました。
第一部の記念式典では、AFS生として日本で学び、現在、エコノミストとしてご活躍のロバート・フェルドマンさんより、「高校留学がもたらすインパクト、異文化体験の重要性」と題し、基調講演をいただきました。フェルドマンさんが強調されたのは、10代での留学には「言語だけでなく、内面的にも柔軟な時期であることに価値がある」ということ。続いて行われたパネルディスカッションでは、現役の留学生2名と元留学生2名が加わり、その価値を裏付けるお話を、それぞれの視点から披露していただきました。
第二部のレセプションでは、日頃お世話になっている官公庁、諸団体、奨学金や寄付で活動を支援くださっている企業、そして、ホストファミリー、ホストスクール、AFSの異文化理解活動を支える全国各地の支部ボランティアと、来日中の留学生、またOB・OGが一同に介し、国や年代を越えて、多いに語り合いました。

 

2年目の「アジア高校生架け橋プロジェクト」

アジアの高校生を、長期留学生として5年間で1000人招へいする文部科学省補助事業「アジア高校生架け橋プロジェクト」は2年目を終了。1年目の倍の人数である200人が22か国から来日し、全国各地で121校が受け入れてくださいました。
1期生の受け入れ時に課題となっていた宗教理解、食事配慮、SNS利用については、研修会を企画するなどしてサポートする側も理解を深め、また1期生が「先輩」として2期生にアドバイスを行える機会も積極的につくっていきました。
当初3月末の予定だった帰国は、新型コロナウイルスの感染拡大により半月ほど早まり、ホストファミリーや寮生、クラスメイトなどとは突然の別れとなりましたが、帰国便に合わせてプログラム修了証を受け取った生徒たちの顔は、どれも達成感に満ちあふれていました。

事業報告

AFS日本協会の事業は、海外から日本に受け入れる「受入事業」と、日本から海外に派遣する「派遣事業」との2本柱で成り立っています。参加生はホストファミリーや寮に滞在しながら地域社会の一員として生活することで、ホストファミリーや地域の人々は異なる文化背景をもつ参加生を生活圏に受け入れることで、ボランティアは彼らをサポートすることで、お互いが多様性を尊重しながら「共に生きること」を学びます。また、異文化学習の機会を広げていくために、国際キャンプやイベントなども企画しています。

受入事業は1957年に9人の高校生を短期で受け入れて以来、2019年までに19,220人を89カ国から受け入れ、派遣事業は1954年に8人の高校生を米国に派遣して以来、2019年までに21,716人を48カ国に派遣してきました。2011年に内閣府より事業の公益性を認定され、以来公益財団法人としての活動を続けています。

●プログラム参加人数と交流国数

参加人数 交流国数
受入計 646人 56か国
派遣計 453人 37か国
総合計 1099人 57か国

●プログラム参加者の出身/渡航先の地域割合

●プログラムの種類

(★は補助・受託事業、☆は新規プログラム)

受入 年間受入プログラム 215人
アジア高校生架け橋プロジェクト★ 200人
セメスター受入プログラム 26人
ピース・プログラム 2人
日本語研修プログラム 67人
異文化理解ステップアップ事業★ 34人
短期秋通学プログラム 9人
グローバル・プレップ寮滞在プログラム 17人
対日理解促進交流プログラム★ 76人
派遣 年間派遣プログラム 347人
グローバル・チョイス カナダ寮滞在プログラム☆ 4人
短期派遣プログラム 84人
イギリス ホームステイプログラム☆ 10人
かめのり財団中学生交流プログラム★ 8人

決算報告

当年度分を含む過去5年分の決算要約もご覧いただけます。

イベント・研修会ハイライト

●8月21日~24日 異文化理解サマースクール
中高生から一般参加を募り実施した、初のサマースクール。SDGs(持続可能な開発目標)達成のために、なぜ異文化理解が必要なのかを、来日留学生とともに、様々なアクティビティを通して考えました。

●8月25日 アジア・ユナイト!
アジアに焦点を当てた広報イベント。幅広い年代のアジア留学帰国生の協力を得て、アジア留学の魅力と実際のところ、そこから広がる可能性を、パネルやグループセッションを通して発信しました。

●12月7日 国際理解・グローバルキャリア講演会
第一線で活躍するAFS帰国生を講師にお招きし、留学中の様々なエピソードとともに、その体験がその後のキャリアにどのような影響を与えているのかをたっぷりとお話しいただきました。

AFS NEWS PDFダウンロード

AFSプログラムの帰国生、ホストファミリー、ホストスクールなどに定期的に郵送しておりましたAFSNEWSは、2019年発行をもちまして制作を終了いたしました。


・理事長 加藤暁子ご挨拶
・アジア高校生架け橋プロジェクト 1年目を振り返って
・政府交流事業でインドから80人が来日
・受入、ボランティア、派遣、イベントレポート
・AFS活動を支援する・・・ほか

AFS NEWS No.143(PDF/4.49MB)