AFSは、日本各地の学校、生徒、多くのボランティアとともに、65年以上にわたって相互理解の大切さや意義を伝え、世界と共に生きるために必要な知識やスキルを身につける機会を提供してきました。
日本における活動のネットワーク、異文化学習の知見、そしてこれらの経験を次世代に受け継ぐためには、現場を支えるボランティアの継続育成、質の高いプログラムの安定供給、時代にあわせたプログラムの開発が必要です。

これからも持続可能な運営と長期的な異文化理解教育を進められるように、皆さまのあたたかいご支援をお願いいたします。

あなたのご支援でできること

あなたの寄付で世界の多文化共生を推進できます
donate-person-support01

若者を軸とした 国際交流機会の創出

AFSは来日中の留学生を囲んだ交流イベントや地域の学校での出前授業を通じ、各地で国際交流の機会を設けています。
このような交流機会の創出や多文化共生に関する啓発活動は、みなさまからのご寄付に支えられています。

donate-person-support02

活動を担う ボランティアの育成

AFSの活動は数多くのボランティアによって支えられています。新しい人材を迎え入れ、より多くの仲間と活動を推進していくため、AFSは定期的に研修や交流会を実施しています。
いただくご寄付はAFS活動の現場を支えるボランティアの育成に必要不可欠のものとなっています。

donate-person-support03

意欲ある若者への 経済的サポート

AFSプログラム参加生は新しい視点を得て文化間をつなぐ方法やスキルを獲得していきます。彼らを支えるファミリーや学校にも異文化について考える芽を育てます。
どんな環境にある生徒でも留学にチャレンジできるよう、また安心して学べる環境をつくれるよう、いただくご寄付は、奨学金や生徒の生活支援金などの費用援助にも活用されています。

AFSの活動を支援する

▼金額は1,000円~

月々のご寄付でも、都度のご寄付でも、1,000円以上の任意の金額でお受けしています。

ひと月1,000円以上の寄付を登録してくださった方(マンスリー・カード・サポーター)には「One AFS寄付会員証」を発行し、年1度、報告書「This is AFS Effect」をお届けします。ぜひ「月々の寄付」でご支援をお願いします。

▼寄付の使途を選べます

一般寄付/AFS支部への寄付/奨学金 等

※新型コロナウイルスの世界的流行で、派遣・受入プログラムの実施規模が縮小しているため、現在、皆さまにはコロナ禍での活動全般を支える「One AFS緊急募金」へのご協力をお願いしております。

AFSを支援する

(クレジットカードを使った寄付登録サイトに移動します)

お使いいただけるカードは、Visaカード、Masterカードです。クレジットカード以外での寄付方法については、「その他の支援方法」をご覧ください。

その他の支援方法

「ゆうちょ銀行 〇一九店 当座0610779 AFS寄付金口座」へお願いいたします。
ゆうちょ銀行間の振替の場合(00170 5-610779)をご指定ください。寄付金領収書発行のため、振込人欄にお名前とご住所を明記くださいますようお願いいたします。

この件に関するお問い合わせ先

公益財団法人AFS日本協会 寄付・奨学金担当
Eメール:[email protected]