<フィリピン>マニラの連続爆発について
AFSからのお知らせ

<フィリピン>マニラの連続爆発について

5月6日夜、フィリピンのマニラで連続爆発がありました。当協会ではAFSフィリピンと連携し、参加者の安否確認を行いました。 日本からは5名の高校生がAFSプログラムでフィリピンに滞在中ですが、全員の無事が確認・報告されていますのでお知らせいたします。

news20170203-interview01
AFSからのお知らせ, AFS活動レポート

高校生の職場訪問

2月3日(金)、「企業・団体で働く人に話を聞き、今後の自分の進路に役立てる」という趣旨の学校課題で、国際交流団体に興味のある高校生が東京のAFS事務所を訪れ、職員がインタビュー取材を受けました。

news20170114-Francesco04
AFSからのお知らせ, AFS活動レポート

フランチェスコ 思い出の会

昨夏まで1年間、大分市の大分東明高校に留学し、帰国翌日戻ったことを報告に行った学校帰りにイタリア・プーリア州の列車の正面衝突事故で犠牲になったフランチェスコ・テドーネさんの「思い出の会」が大分中部支部の主催で1月4日に開かれました。

news20161220_Francesco02
AFSからのお知らせ

フランチェスコ記念奨学金 ご協力のお願い

2016年7月12日、イタリア南部で23人が亡くなった列車衝突事故で、AFS生として2015年8月から2016年7月まで大分市に滞在していたフランチェスコ・テドネくん(17才)が犠牲となりました。AFSイタリアでは、イタリアから日本に留学する生徒のための奨学金として「フランチェスコ記念奨学金」を創設し、募金活動を開始しました。 AFS日本協会でも、下記内容でこの奨学金への支援を取りまとめることといたしました